スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダフニスとクロエ を聞いてきました

ダフクロ

上野の山文化ゾーンフェスティバル2013秋
っていうイベントの演奏会に行ってきました。
上野学園(ていう音大らしい)の非常勤講師の荒川さん。
ホンモノ聞くのは初めてですが、さすがパワフルな演奏。
ホールはキタラ小ホールと同じくらいか少し大きいとこで、
私は真ん中より少し後ろに座ってたんですけど
いや~スゴイ。ゴールドの笛がビシビシ鳴っていました。
なのに音色の美しいこと・・・・。
1部のラインナップはうれしいことにシャミナーデのコンチェルティーノ。
う~んこれもパワフル(笑)でも繊細。美しい。。。
この曲セシル・シャミナーデが恋人を思って作ったと言われています。
う~ん彼女は…肉食ジョシだったのかも(笑)??な~んてね。
ちまたでは良く演奏される曲です。
それぞれの解釈が面白い。

あと荒川さんは演奏活動のほかに創作(作曲)もされているようで
今回の目玉は3部の荒川さんの作ったダフニスとクロエ。
そう、ラヴェルではない(笑)
シャガールのダフニスとクロエの画から発想を得て作ったんですって。
それを、今回はダンサーの三輪さんというかたが振付をして、
フルートとピアノとダンスの45分の舞台でした。
現代バレエ(でいいのか?)初めて見ましたけど
素晴らしいですね~音楽もそうですけど、言葉を使わず何かを表現できるって。
荒川さんの迷いのない笛も素晴らしかったです。

こんなの無料で聞けてラッキー(笑)な一夜でした。

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。