スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月9日 水曜日 

2009年9月9日・・・9並びだったんですね~。救急の日だったそうですよ。

さて、発表会まであとレッスンも2回。
いやー、長かったような(笑)短かったような。春から5ヶ月近くかかっています。
時間かかりすぎじゃね???>自分^^;
去年もそうでしたが、ギリギリになっていろんなハッケンがあるので、
それをなんとかこなして、発表会にこぎつける感じです。
特にピアノあわせをすると、かなりイメージが明確になります。
(アンダンテは伴奏音源多いから今年はそうでもなかったけど)

楽器はどうしたものかと考えていたんですけど、オリジナルまえすたにします。
最近、カラダを多少つかえるようになってから、とってもいい音が鳴ります。
確かに音量そのものはあまりないし、もともとの音色もやさしめではあるので
バンドにいると存在感は薄い(笑)です。それは納得。
でも、胸に響く(物理的に??)んですよね。当社比ですけど。
まえすたに出合って一年半ですが、やっと音が出るようになりました。
うれしいです^^)今年の目標もまあまず達成できた・・・かな。
あとは発表会で、なんとか自分の表現をしたい。

さて、昨日は曲の最初と最後を中心にやりました。
最初のターンはあくまでもさりげなく、タンギングなしで「ふー」と吹き、
次のメロディで充分歌う。ソミド~と下がったド~の音をしっかり。
「重心が下がりきっていないので、中途半端に上ずった音になっています」
・・・イメージイメージ。。。すると、ちゃんとお腹で支えた中音Cが鳴りました。
私の中で、体の中に大きなフラスコがあって(くびのところが気管^^;腹がフラスコ)、
まあるい玉がお腹の中心に四方八方からのびる糸で、真ん中に吊るされていて
フラスコの底から腹筋を使って、その玉を引っ張ったり押し上げたりして音を出す、
というイメージをしました。だからビブラートは玉を揺らす(笑)
(まあ、ほんとうにフラスコが入ってると、タイコ腹になっちゃうから困るなあ^^;)

最近、なるべくイメージするときは詳細に具体的に想像するようにしています。
いっつも思い通りに音が変わるわけではないけど、
ある部分に意識を向けることは大事なことですもんね。

大人の音になってきましたよ、とホメられました。やったあ。

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。