スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理!!

コンクールも終わり、今月初回のレッスンも終わったので、
マエスタのヘッドコルクを交換しました。
ついでに反射板を変えてみようかとか思ったんですけど、
どうも踏ん切りがつかなくてやめました。
いつもの楽器店に持って行って、コルクを交換してほしいこと、
吹いてて低音部が出ずらいんですという話をして楽器を見てもらいました。
コルクはたぶん購入してから一度も交換してないはずなので、3年以上たってますかね。
見ると、結構縮んでいますが、そんなにひどくない感じ。
「まあ変え時と言えば変え時ですかね」という診断(笑)
あとはやっぱ右手のキーと足部管がだいぶくるってるそうで
「低音が出ないのはこっちのせいだったかも」と心の中で思いました。

ということで約2時間で修理終了。
ああよかった。
多分半年は調整してないと思うので(いつだか忘れた)
ほんとならコンクール前に行けばよかったかも^^;;

前回のコンクールのおかげで音量やシャーリングが多少増量しました。
が。
なんだろ、音色がちょっと荒れた感じ?でソノリテやり直し決定です。。。
まとまらないというか、実の部分が薄くなったような。
うまく言えないんですけど、多少の変化はあったと感じます。
私の場合はすぐ環境になじむ?ので、若者風な音になったのかしら??
いいような悪いような。

発表会の曲もまだ決まりません。
もう少ししないといろいろ落ち着かない感じです。
そっちにもいいかなとヘンデルの11のソナタ集を出してきました。
あ~、やっぱこういう感じがピッコロ練習にピッタリ(笑)
ピッコロで出してもらっちゃおうかしら>発表会


非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。