スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラマツ リペアクリニックに行って来ました

結果は、特に異常ないようですね、でした。
ヘッドコルクの位置を直されたのと、2,3のキイを調整し、オイルをさして終了。
タンポも痛んでないし、大丈夫ですって。

にしても、ムラマツのリペアの人はフルートがうまいです。すごおくいい音で鳴ります。
試奏会も同時に開催されてますから、真ん中のテーブルにはムラマツフルートがズラリ。
シルバー全種のカバードとリング、ゴールド、PTPはリングだけだったかな。
EXのC管リングにちょっと心を魅かれたんですけど、うっかり欲しくなったら困るし
(ただ単に試奏する勇気がなかっただけ^^;)やめました。

リペアのお客さんもほとんどムラマツ。ムラマツの音の洪水です。明らかに私はアウェイ(笑)
さんざん聞きましたがやはりムラマツは音がでかいですねー。
ご高齢のマダムがリペア終了後の自分の笛を吹いてましたが、ぶっとい音が出てました。
私のパールもリペアの人が吹いてくれましたけど、明らかに違う種類の音です。
今回よーくわかりました。
パールの調整会にも行って見よう。面白い。



昨日はバンドのミーティングのあとに、打ち合わせをかねた飲み会。
打ち合わせは私と事務局長がスケジュールを確認するだけなので数分で終了。
あとは普通に飲みでした(笑)
というか、再来週予定されているセレクションにいろいろと物議がかもし出されていまして^^;
どっちかって言うと、みんなでガス抜き、ですね。

テイエンの予定曲は、ほとんどオール新譜だったうえに、去年より明らかに難しい。
でも、お金をいただいて演奏を聞いてもらう以上、ある程度きちんとしたものを作りたい、
そのためには、もっとメンバーの意識を高める必要がある、ということでセレクションを行うそうです。
一人ひとり、自分の演奏を皆に聞いてもらういい機会、ではあるのだけど、
出来ない人にしてみればやはりさらし首に近い感情をもってしまう。
「こんな難しい曲を選ばないで、やる曲のレベルを下げたらいいじゃないか」という意見と、
団幹部の「レベルアップをしていかないとこのままじゃダメだ!」という意見が対立しちゃって。
どっちの言うこともわかるんですけどね。
「楽しくみんなでやりたい」「息抜き、癒しの場」であることと、
「もっと個人のレベルをアップしよう」はどうしても相反してしまうのでしょうか?

みんなももうオトナだし、もっと話し合いをして歩みよろうよ、って感じです。
団幹部はもうちょっと下々のものの意見に耳を貸すべきだと思うし、
下々も「だっておれはヘタクソなんだもん」って開き直らず、これも団の方針なんだし、
多少嫌な思いはするかもしれないけど、得るところもあるかもしれないし、
もうちょっと前向きに考えてみようよ。

ウチのバンドはかなり特殊なのですが、とりあえず3年目です。
上手い人もいますが、数十年ぶりに楽器を吹きましたってひとがほとんど。
ほぼ初心者(初級者)の集まりです。それでも、その中でも温度差って出てくるのね。
たった20数名なのに、いろんな価値観や考えがあって、全員が満足することは難しい。
レッスンにいってる人もいれば、練習でしか吹かない人もいる。皆勤賞もいれば月イチだって。
合奏の前に個人練習をしてから来いとか、練習以外でもパー練をやるべきだ、とか
まさに今、バンドのカラーを作ってるんだなあって思います。今が頑張りどきなんでしょう。

はじめまして。
バンド、私も20数年ぶりに再開した者の一人です。
多分シラスマさんのバンドにいたら間違いなく“さらし首”になっているでしょう。
いくら学生時代にやっていたとはいえ、その当時でさえレベルの違いに打ちのめされて、それでも好きだからあきらめられず、こんなヘタな私でも受け入れてくれた今のバンドの皆様に感謝しつつも落ち込んでる毎日です。
温度差・・・そうですね・・・温度差の違いを埋めるために他の団体にも所属して、そちらでバリバリ吹いている方もいます。
シラスマさんのブログ拝見してて、ほんとに音楽好きなんだなーって思いました。バンド、大変でしょうけど頑張ってください!
あ、でもほどほどにね、楽しくやれるのが一番だと思いますので。
私も、時々一人で吹いてみてっとか言われ恥をさらしてますが、負けないで頑張ります。

>sue-chan さん
こんにちわ。コメントありがとうございます。
sue-chan さんも再開組なのですね~。皆でやるのって楽しいですよね。
実は私はキャラよりもずっとずっと小心者なので、実際にみんなの前で1人でふけって言われたり、ソロってすごく緊張するタイプなんです。
(だから必要以上に強く出るんですけどね^^;;)
確かに1人で吹くのって緊張するし、やだけど、自分の音を聞いてもらういいチャンスだと思うようにしています。
私は他にもレッスンに通っているので発表会とかもありますけど、
普通、バンドでしか吹くことがなければ、人前で自分の演奏を披露することってないですもんね。
やっぱり、披露してナンボ、でしょう(笑)
確かに技術には差があるし、温度差もあるかもしれないけど、頑張って努力してれば報われる日が来ると思うし、適当にふふんって吹いてる経験者よりずっとずっといい音楽を奏でることができますよ。
だいたい、趣味でやってるんだし、迷惑かけたりかけられたりしたっていいじゃないですか~。
頑張りましょう!!!・・・はい、ほどほどにガンバリマス(笑)
非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。