スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりね

マメに吹くと違いますね。
ピッコロ2か月放置してて、年明け吹いたら死ぬほど音痴で(笑)
もうピッコロやめたくなりました、楽器売りますと、思わず弱音を吐きました。
それでも週に2回定期的に吹いているとそれなりに(あくまでも当社比)
なじんでくるものです。周りにも、自分にも。
一人でやってても、だめなもんはだめなんですよね。ソロならいざ知らず。。。
こういうところがいいような悪いような>バンド

こないだFBでひさびさアルメニアンダンスの話題が出て
なつかしさでいっぱいになりました。
と言っても、アルメニアンダンスは吹いたことない(はず)です。
でも超有名曲ですから。またね、いい曲なわけ。
出だしのファンファーレで心が震えます。
Ⅰに対してⅡはちょっと地味というか(笑)たんになじみがないだけ?
ググって音源聞くと、Ⅱの3楽章ロリの歌はもろコンクール曲ですが
そのまえの1楽章、2楽章のほうが柔らかくて、リードっぽくて個人的には好き。
ロリの歌は・・・そうだなあ、ハムレットを思い出します。
リードって(というか全般的に吹奏楽では?)サックスがいい味だしてますよね。
サックスって、結構音色が独特なように思いますが
クラリネットやほかの木管と音が溶け合うと、とてもいい味出してくれる。
須川さんの音色なんてめっちゃいいですよ。ウットリ。
さすがにあのレベルの音はなかなかコンクールでも聞きません。
あとは・・ダブルリードかなあ。アルフレッド・リードだから?
(そんなダジャレを言うはずない)
リードの曲やりたいけど、その辺の一般市民吹奏楽団になかなかいませんよ、
オーボエ2本(イングリッシュホルン持ち替え)とファゴット。
ということは、楽器持ってるファゴット吹きさんはどこの楽団でも引く手あまた。
地味に・・・ダブルリードは派手に目立ちますけど(逆説ですね^^;)

あ~いいなあアルメニアンダンス。
Y張でやらないかなあ(笑)他力本願ですが。
めっちゃ練習するよ(だって吹いたことないもん)~。
この曲ならソロなさそうだし(爆)

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。