スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月30日 日曜日 ピアノあわせ&アンサンブル

発表会まであと数週間、1回目のピアノあわせが昨日でした。 伴奏を弾いてくれるのは、合同発表会のお相手のピアノ講師の方で、去年と一緒。 そういう意味でもとっても安心します。 今年も30曲あまりの伴奏をされるようで、大変なご苦労です・・・。 まずはテンポの確認をして一度最後まで通します。 アンダンテは弾きづらくて嫌われるらしいのですが(笑)全然大丈夫。演奏の方が不安でしょう^^; なぜかテンポ倍速で練習されたみたいで (1拍=アンダンテの速さ。本当は八分音符1拍=アンダンテ) あ~ゆっくりなんですね~とおっしゃってました。 初回なのでおそるおそる。でも1人じゃないって素晴らしい。 途中で気持ちもよくなって(笑)アドレナリンが出ます。 去年は視界にピアノも入っていましたが、今回は普通の舞台なのでピアノの前に立つことになる。 お客さんに面と向かって吹くのか~。かなり焦る。どこを見たらいいのだ^^; さんざん練習しましたので、あとは曲をどう表現するか、ですね。 きっと本番は事故がたくさんあるんでしょうから、それら一つ一つにこだわらず 最後まで集中できれば、満足感も得られることでしょう。 次の合わせは2週間後。その時は録音して確認してみます。 昨日はピアノ合わせのあと、アンサンブルのあわせも軽くやりました。 私の場合はやはり場数を踏むと多少安心感が得られるようです。 今年はモーツアルト祭りだわ~。

 ピアノの先生に伴奏していただいてのフルート独奏…。考えただけでも、ぞくぞくしてきますね。私もやってみたいなあ。アンサンブルとかは人前でやったことがあるんですけどねえ。
 フルート独奏だと、ピアノの生伴奏ではなく、カラオケばかり…。結婚式の披露宴で演奏を頼まれることが多くて、料理とお酒が楽しめずに終わってしまうので、ツライです。
 だったら、ソロに集中してやってみたいですね。知り合いの先生に無理をお願いしてみようかな。

フルートだけで吹いてるより、断然「音楽してる」感に浸れます^^)
とても幸せな時間です(って本番中は余裕ナシ)。
今回、一緒に出る方の曲は「フルートとピアノの為の・・・」と銘打っているだけに、ピアノもとても難しいんですけど、あわせを聞いてるととってもステキです。
ああ、来年はなににしよう、って思っちゃいます>おバカ^^;
ソロ、機会があればぜひやってみてください!
もし許されるならば、バンドをバックにモーツアルトのフルートコンチェルト、なんていかがですか??
あああ。うらやましい~。
非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。