スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルートの調整会に行ってきました

今月中旬にはパールの無料調整会もあるんですけど、それまで待てませんでした(笑)

今回はマテキフルートさん。
工房系フルートのかたはみなさん職人オーラがありありと出てますね。
(パールのエプロンおじさんもでてたけど)
相変わらず、店頭で吹くのは嫌で^^;;試奏もできませんでしたが
さまざまなタイプの頭部管がズラリ。
材質もプレートの形状も全然違う。どんな音がするのかなあ~。
どっちかというと横長タイプが多いように見えました。
サンキョウぽい感じなのかな。

一番の売れ筋がソルダードの100万円クラスだそうです。
・・・日本人てお金持ちだわ。。

最近またちょっと音が変わってきましたねと先生に言われました。
うれしー。
少しずつ音色も変わってきて、表現力もちょっとだけどでてきたかな。
なので今の楽器を変える気は(今は)ないし、頭部管も満足しています。

私の場合上達は階段状なので、ある日突然変わるんですよね。
どうしてだか自分でもよくわからないけど。
そしてまた長い時間、平坦な道のりを頑張って歩かないと。
そうそう、家にあったパワーブリーズ出してきて使い始めました。
それのせいもあるのかもしれない。
真面目にやろうっと。なんせこれお高かったんだから・・・。

No title

マテキですか~。マテキもいいですよね。今年の夏、100万円クラスの銀のフルートを試奏して、このクラスは職人さんの個性がハッキリ出ると思いました。パールのオペラとマエスタは材料が同じなのに、作る手間が違うだけで、こんなにも違うのかと感心したものです。もっとも「全然違わないじゃない~」という人もいるんだとか。このあたりは微妙ですね。

でも最後は奏者ですね。シラスマさんの音が変わってきたのは、努力の成果でしょう。パワーブリーズ効果もありますかね。私も使おうかな…。

Re: No title

たかさん

やはりお金だすといいものは買えますね(笑)

>でも最後は奏者ですね。

いやもうほんとその通りです。
先日のトラ体験でも、一番いい音の出ていた楽器はカバードの古いC管でした。
リップとキー18金はそれに負けていましたものね~。
楽器の性能を十分生かせるだけの技量を獲得したいものです^^;;

パワーブリーズ、くわえてるだけでも結構筋肉鍛えられるみたいです。
毎日やれば効果あるように思うのですがなんせ続かない(爆)
非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。