スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬で空気を変える

師匠のライブに行ってまいりました。
やっぱり違うなー、音。いつものレッスンの時よりずっと色彩が乗ってる。
(あ、決してレッスンで手を抜いているとは思っておりません!^^;;)
なんていうか舞台とかその場の空気でテンションがパリッと上がるんだろうなー。

今回のメンバー4人は、いずれの方もとっても魅力的で、
それぞれがとっても個性的なんだけどうまく溶け合ってるっていう感じでした。
上手い人たちって、「あうんの呼吸」みたいなのがあるから、
そんなに言葉はいらないんだろうなあ。
ここはこうきて、と思ったところにぽんとはまる、というか。
それがいわゆる音楽性というものなのでしょうか?

パーカッションのKさんは、実は先日のイベントでお手伝いいただきました。
当日のリハで初めて合わせたんですけど、
コンガ一発で曲ががらっと、一瞬にして変わりました。
そういうのって私は初めてだったので、驚きとともに新鮮でした。
「巨匠と呼ばれる人たちはタクト1本で音楽を全く違うものに変える力を持っている」
って、たぶんこういうことなんだな~としみじみ思いました。
私もねー空気を変えることはできなくても凍りつかせることはできるんですけどね。
才能って目には見えないはずのものが、はっきりと認識できたひと時でした。

久しぶりにコンデジをバックに入れていったんですけど、
取り出して電源入れたらバッテリー切れてました。
マヌケだ。。。

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。