スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲喜こもごも

まあねいろいろありますわ。それが生きるってことですものね。

あまりにも落ちてるパートがありすぎて、笑えます。
ラッパ全滅って・・・・。
クラの人員不足は前からだけど、今回は金管。
ラッパもトロンボーンも1番がいなくて、頼みのユーフォも欠席。
トラ頼みにもほどがあるってもんです^^;;

もうね、いない部署のソロはほかのパートで分け合えばいいんです。
ちょっと移調するだけですから。
顔も知らないエキストラに当日「すべてやっていただく」くらいなら
たとえラッパのソロをアルトサックスが吹いたって、
デキシージャズをクラとテナーサックスとホルンが吹いたっていいじゃない。
曲のクオリティは下がってもみんなのモチベーションは上がると思う。
まあずいぶん地味なデキシーになることは間違いないですけどね。
みんなで助け合うんでしょ。普通の一般市民バンドとは違うんでしょ。
ウチのカラーを出したらいいんじゃないかしら。

ウチの音高生ちゃんは再来週テスト。
曲はシャミナーデ「コンチェルティーノ」
ここ最近の悩みは「表現力が足りないって言われるんです」
そうねえ。高校生で表現力って、真央ちゃんも昔言われてたよね。
そのくらい難しいことなんですね。
ちょっと聞かせていただきましたが、何と言いますか、
若者らしく、最初からフォルテで飛ばし、そのまま突っ走る、て感じですかね。
この曲はシャミナーデが思いを寄せる男性フルーティストに向けて作った曲で
結局その恋は成就しなかったんですって(と教えてくれた)。
失恋の曲なんだ。威勢がよすぎね?(笑)

サブコンでご自分も奏者のS先生にも聞いていただいて講評をもらったようです。
なんて言われたの?って聞いたら
「(場面場面で)もっと色を変えてふくといい、って。でも難しいですよね!」
って・・・。。
まあね、この年齢で「目指す自分の音楽が確立している」のは難しいでしょうね…。
いっぱい悩んでたくさん考えて必死に練習するほかはないでしょう。

音色の変化ってそうそう簡単に出せるものではないですよね~。
私もいまだにできなくて落ちこみます。
そういえば昔、レッスン受け始めて1年くらいたったときに、
プーランクのフルートソナタがやりたいですって師匠に言ったら、
「この曲は明確に音色の変化を付けられるようになってからにしましょう」
と言われたことを思い出しました。
自分のレベルに見合った曲をやることで力をつけていくって
回り道のように思えても、大切なことなのかもしれません。
ウン。やっぱり、
「どうしたら表現力ってつきますかね??」という質問は愚問です。
とオバサンは思うぞ。
「急がば回れ」という言葉の大事さは、年取ってきたからわかるのかな(笑)

吹奏楽って…

吹奏楽ってある程度の人数がいないとサマにならないですもんね。うちの団もよく全滅するパートがありますよ。それだと合奏しても曲のイメージが全然掴めないですよね。しかもソロがあるのに練習にはほとんど来ないで本番は乗るという人もいますし、自分もよく練習を欠席するのに、団全体の練習の出席状況が悪いと嘆いている人もいますし…。

アンビリーバブルです。

話は変わりますが、高校生に音色の変化を要求するのは難しいと私も思います。でも専門家に高校生をみてもらうと大抵の人はそう言うんですよね~。高校生レベルで、それを要求してもすぐ出来る人はごくわずかでしょう。今の段階でそういうことを覚えておいて、表現できるのはもっと後になってからでしょうね。

音高生も大変ですね。

Re: 吹奏楽って…

>たかさん

> 吹奏楽ってある程度の人数がいないとサマにならないですもんね。
そうなんですよね。一人では吹奏楽はできないし、そこが醍醐味でもあるのですが^^;;
大人になると価値観の相違が結構大きいので、なかなかみんなが納得する答えはないのが現状です。


> 話は変わりますが、高校生に音色の変化を要求するのは難しいと私も思います。でも専門家に高校生をみてもらうと大抵の人はそう言うんですよね~。高校生レベルで、それを要求してもすぐ出来る人はごくわずかでしょう。今の段階でそういうことを覚えておいて、表現できるのはもっと後になってからでしょうね。

そうですよね~。
自分の中のひきだしにモノが入っていないと、何を表現していいかがわからないという事態になります。
音高のカリキュラムに文句を言っても仕方ないのですが(笑)
大曲を適当に仕上げるくらいなら、きちんとしたエチュードを丁寧に仕上げたほうが
表現力は磨かれるのではないかと個人的には思ってしまう。
「あんた、表現力がないからね」と学校の先生に言われてるんですって。
その先生はあまり仕事をしていないと思われます(笑)

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。