スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにかの終わりは次のはじまり

もういい加減興奮も記憶も落ち着いていますが・・・定演終わりました。
今週はまったく仕事を入れていないので、
社会から断絶された感と開放感がほどよく漂っております。
エンソウカイのあとのエンカイは番茶で乗り切り(飲みたい酒がないので^^;)
地味な毎日を送っておるのですが、
いやー、スゴイです。
あんなに痛かった、大きな石が入っているかのようだった胃なのに。
終わった翌日の朝なんて、スッキリ目が覚めましたよ!
(とはいえ、まだ時々ジクジクしてるのでそれなりに悪かった模様)

君恋のソロだけでなく、いろいろと重圧を感じた毎日でした。
「何のためにやってるんだろう」と日々自分に問いかけをしたのは
たぶん私だけではなかっただろうと思います。
ただただ、「なにかをとにかく続けていく」ということは、
とても難しく、忍耐力の要ることであり、一人ではなしえない、
でも、続けていくことにこそ意味のあることなのかもしれない。

結果を出す、ということに今までこだわりを持ってきたのですが、
今回初めてソロ終わったあとにすがすがしい気分でいられました。
もちろん、何箇所もミスはありましたので自分の出来はまあまあでしたが
バックの伴奏は今までで一番の出来でした。
テンポも落ち着いてたし、音もまとまってたし。これは本当。
曲として上出来だったと思います。
(・・・どうしても本番にならないと力を発揮しないのか^^;;ウチのバンド)

それに、なんかアがらなかったんですよね。
そりゃ緊張はしましたけど、横隔膜が上がりっぱなしってこともなかったし
今年3月、初めてソロをスタンドで吹いたときのほうがひどかった。
本番前、ゆっくりのテンポでガマン強く繰り返しメトロノームで練習したり、
マイクをわざわざセッティングしてもらって数回練習したこととか、
準備万端、自分に出来ることは全部しました!という心持で望めました。
なにより、「上手に吹こう」「キレイに吹こう」という気持ちを捨てて(笑)
曲に没頭できた、集中してできたことは今までなかったと思うので、
それが自分としては一番の収穫だったように思います。
占いによると、
「自分の心のなかで、かちゃんとかけがねがはずされる音が聞こえます。
それはあなたにしか聞こえない小さな音かもしれません」とありました。
何のかけがねが外れたのか、まだはっきりはわからないけれど
それはこれからいつの日にか、ふとわかることなのかもしれません。

自分の日常って、ソノリテと同じで、
昨日と今日にはほとんど濃度差がないんですよね。
あ、たった今、今日になった!とか、明らかにここ、昨日と違う私!
みたいなことって意識することないですよね。
でも昨日と今日が何日も何日もあって、ふと振り返ると何かが変わってる。
それは連続する時間のなかで、
自分で上手くコントロールできることでもあり
自分ではどうしようもなくかわっていくことでもあり、
受動的でもあり能動的でもある、みたいなこと。
とても抽象的だけど、そんなことを思いました。
君恋のソロの前後で自分で感じる違いはないけれども、
いつの日か、「あの時のアレだ!」と言う風にピンと来ることがあるでしょう。
と思いたいです(笑)

毎年この時期なにかかにかで揉め事があって、
去年まではそれは水面下だったのだけど、今年は結構見事に表面化しました。
私はそれはそれでかまわないと思います。
確かに、嫌な思いをする人もでてくるし雰囲気悪くなるけれど、
生きていれば(笑)いろいろ嫌なことだってあるし、ぶつかることだってある。
お互い迷惑かけてかけられていくっていうのも生きてる証拠かもしれない。
だからこそ、エンカイのときにマンボウさんが言った
「いろいろあったけど、俺は全部ゆるそうと思う!」
という一言がすべてを物語っていた。
相手もだけど、いろいろやなコト思った自分もゆるしましょう。
なんか私も素直にそう思いました。

おわりはつぎのはじまり。

でも・・・その前に少しだけ休ませてください(笑)
どうせまた、いろいろあんですから(爆)

定演お疲れ様でした!
発表会から時を置かずして演奏会と怒涛の日々を送られたご様子ですが、
無事終了されたようでなによりです。
ようやく一息つけるのではないでしょうか?

先生と奏者(あと、もしくは伴奏さんと)で曲を練り上げていく演奏会用の曲と、
大勢で構築していくバンドの演奏会用の曲と、
ほぼ並行する形で練習なさってきたここ最近、
たいへんだったろうなぁと思います。
けれど気持ちのいい演奏がおできになったということ、
私もすごくうれしいです!

ひゃらりさん

コメントありがとうございます^^)
おかげさまですっかりゆるんだ毎日を送っています(笑)

確かに、まったく性格の違うものを平行してやっていくのは大変でしたが
緊張感がとぎれなかったことはかえってよかったのかもしれません。
身体的にはいろいろ症状がでておりましたが^^;;

個人は個人でやり遂げることの醍醐味があり、
集団では集団でしか味わえない達成感があるので、
よいといえばよいのですが、苦労は倍って感じです(笑)

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。