スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月20日 バンド練習

何日ぶりかで1番クラリネットが来て全パート揃った。 やはり、バンドの要はクラだと思う。曲が全然違うのです。 サックスやトランペットの旋律に厚みや輝きを持たせてくれる。 または、中音パートと裏打ちや伸ばしでハーモニーを作る。 トランペットやピッコロの音色でバンドの色は決まると言いますが バンドの質を決めるのはクラリネットではないでしょうか。 先日、シエナ・ウィンド・オーケストラの定期公演をテレビで見たのですが、 (彼らが日本を代表する吹奏楽オーケストラでアマチュアではないことをその時知った^^;) 分厚いクラリネットがバンド全体を支えているようでした。 あ、ラプソディ・イン・ブルーの外山さんという日本人ピアニストもとてもよかったです こうして考えてみると、笛って、いつもバンドの上に乗っかってピーヒャラ吹いてるだけで バンドになにも貢献できていないのではないかと(特にうちのバンドでは)思ったりするのです。 どんなにがんばって吹いてもフォルテ3つついてても、どの楽器にも勝てない。 吹奏楽に笛ってほんとに必要なのかしらん、などとくらーくなってしまうのでした。 はーあ。明日は強化練習。

>吹奏楽に笛ってほんとに必要なのかしらん
 吹奏楽をやっていると、本当にそう思うことが多々ありますよね。そして大音量の出る楽器を求めて、金で笛を作りプラチナでも笛を作ってしまう…。麻薬みたいなもんですね。
 周りの音がうるさくて、聴衆に自分の音が聞こえなくても、少なくとも自分の音が自分には聞こえる笛がいいなと私は思ってます。

自分の音もたまには聞こえないときがあります(笑)
物理的に厳しい^^;
でもどんなに大音量が出たとしても、基本的に笛は最高音の楽器であることに変わりはないわけですから、役割も同じですよね。。。
やはりオケと吹奏楽は違うのでしょうか。
と言っても、音高音大出身でもない私は市民オケに入る勇気も出ません(笑)
非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。