スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笛練習

たまには特化して練習も必要かなと、笛は持っていきませんでした。
どうしても笛のほうが吹いてて気持ちいいですからね~^^;

とりあえずひたすら基礎練基礎練。
タファゴベではうまくできても、ケーラーになるとがたがた。。。
ああ。実践が大事。
それにしても、小笛は音痴です(涙)悲しいほどに。
自分でもわかるくらい、なんか変。
まだ一人なら、いいんです。低い、とか高いとか気がつくでしょ。
これが合奏になると途端に迷子になります。

ヤマハ81はだいぶ音が抜けてくるようになりました。
それでも色気のある音色には程遠いです。元気いい小学生みたいな音がします。
でもシカタアリマセン。。。
フルートは今のをしばらく吹くことにして、ピッコロをなんとかしようか。
まったくもって悪魔のささやきが聞こえます。
楽器を変えても問題は解決しない。でも快方に向かうかもしれない(笑)
ピッコロだけは楽器による音色の違いは克服できないのかもしれません。

No title

>元気いい小学生みたいな音がします。

これはホントよくわかります。この音を何とかしたいと思ってしまうんですよねえ…。ヤマハはハンミッヒをモデルにしたそうですが、音色までは…ですかね。スクールバンドで子どもたちが吹く分にはいいんでしょうけど…。

マエスタの演奏はネットで公開できても、ピッコロはこの音じゃあねえ…と二の足を踏んでいます。毎日菅原さんのCDを聞いてイメージ作りをしています。

そういえば、パールのハンドメイドモデルはヘルムートハンミッヒをモデルにしたとギャラリーで聞きました。「まだまだなんですよ」なんて職人のМさんが言ってました。

ハンミッヒの方が作りは雑なのに音では勝てないんだそうで…。おっと、しゃべりすぎました。でもそういうパールの正直なところは好きですけど。まあ、ヘルムートは銀座山野の中古でも300万円台ですから。

ピッコロって・・

>たかさん

> ヤマハはハンミッヒをモデルにしたそうですが、音色までは…ですかね。スクールバンドで子どもたちが吹く分にはいいんでしょうけど…。

ある程度で線を引かないと、吹けなくなっちゃいますよね(笑)
ワタシはパーリー権限で、この曲ピッコロなし!!とか決めちゃいますけど、
本来はそんなことできませんし(爆)


> マエスタの演奏はネットで公開できても、ピッコロはこの音じゃあねえ…と二の足を踏んでいます。毎日菅原さんのCDを聞いてイメージ作りをしています。

菅原さんの音色では凹みます。あまりに自分の音とかけ離れているので^^;;
それに録音と生ではこんなにも音が違うんだって、
先日レッスンをうけて思いました。生演奏にかなうものはありません。


> そういえば、パールのハンドメイドモデルはヘルムートハンミッヒをモデルにしたとギャラリーで聞きました。「まだまだなんですよ」なんて職人のМさんが言ってました。

そうなんですか!!
ルイロットを使われているプロの方はよく聞きますが、ヘルムートはどなたか使ってらっしゃいましたっけ?高木さんかなあ。
ヘルムート、そんなに高いんですか?シルバーですよね。
見てみたい(聞いてみたい)ものです^^)

No title

私のフルートの目標は、フルートはランパルさん、ピッコロは菅原さんなんです。すでに凹みきっているので、これ以上凹みません(爆)。

菅原さんの生の音は聞いたことがあります。彼のピッコロコレクションのすごいこと!CDでも何本かのピッコロを使い分けているそうですよ。

ランパルさんの音は、はるか昔一度だけ生で聞きました。フルートってこういう音がするんだ!と衝撃的でした。

パールがヘルムートを目標にしているのは、ホントです。ちょっとネットをググったら、そういうことが出てました。バリバリのドイツフルートですよね。そういえば、はるか昔のパールのキーカップはヘルムート風でした。

高木綾子さんはヘルムートの愛用者です。彼女をして「ヘルムートは気難しいフルート」と言わせているのですから、相当なもんです。私は彼女の音には何とも言えない味わいがあると思ってます。

山野のヘルムートはシルバー・ソルダード・カバードキ―です。260~340万円で出ています。シルバーの中古フルートでは最高値でしょうね。

Re: No title

>たかさん

> 菅原さんの生の音は聞いたことがあります。彼のピッコロコレクションのすごいこと!CDでも何本かのピッコロを使い分けているそうですよ。

ピッコロはフルートよりも楽器の差が大きいんじゃないでしょうか。
ほんと、菅原さんのような音色を出したければお使いの楽器を買うしかありません(爆)
な~んて。

> パールがヘルムートを目標にしているのは、ホントです。
>そういえば、はるか昔のパールのキーカップはヘルムート風でした。

あ~なんかそうかも(笑)古いパールのカバード。

高木さんの音は実はちゃんと聞いたことがありません^^;;
今度CDでも探してみます。
ヘルムートは400本くらいしかないんですね。しかも結構手の入っている(改造されてる)ものも多いとか。
たぶんお目にかかることもないと思うんですけど、憧れますね。
ヘルムート愛用者のコメントなんか見ると、シンセサイザーのようなイマドキのフルートの音は嫌いだ!みたいな(笑)。ちょっとわかるような気もします。
音楽にも流行があって、好まれるスタイルもどんどん変わっていくのでしょうが、
時々引き戻されるように、昔のスタイルがもてはやされたりしませんか。
ファッションもメイクもそうだし、最近では札幌のよさこいをみながらそんなことを思いました。
非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。