スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月2日 水曜日

地道に練習はしていますが、あまり変わり映えしません^^;

さて、バンドも地道に活動しています。
ウチは一年を通じてイベントなどの演奏活動が多くて、
のんびりと個人のレベルアップを図りましょうという時間は正直ないです。
だからといって・・・7月からの本格稼動を前にして参加者少なすぎ。
ほぼパートリーダーの参加者って・・・(苦笑)
逆に昨日のメンツだと少ない人数ながらもまとまるのだけど。
技術的にあまり上手じゃないと思われている人のほうが練習に来ませんね。
どこのバンドもこんなもんなのかな。

ウチの音高生ちゃんは、めきめきと変化を遂げております。
音が変わってきました。アルタス、かなり鳴っています。
若さゆえに力づく?と思えることもありますが、
やはりアーティストとしてライバルに打ち勝っていかないといけません。
だいぶソリスティックな音色になってきました。
なんていうのかなあ~。音が立っている、というんですかね。
バンドでも他の音に溶け込むよりは、まずは響く強い音を目指している、
ということが良くわかります。
まあね、1番フルートはそうでなくちゃいけない。
でも、2番フルートとの差が歴然としていて(爆)どうしたものか・・・。
おいおい考えるとしますか。。。

No title

ソリスティックですか。僕の場合、シェリダンの頭部管を使えば、すぐにソリスティックな音になります(笑)
でも、やりすぎると、目立つだけの音になってしまい、音楽的な音とはかけ離れてしまいます。それが嫌で、僕も今の笛に変えました。
やりすぎはダメですよ!

No title

ラブリーさん

以前より音高生ちゃんは「とにかく客席に音が届かないとどうにもならん!」と音量を求められていたので、音楽性とかは二の次なんでしょう。
それってどうなの、って私個人は思うけど彼女の専属の先生がそう言ってますからね^^;
音楽的、って難しいですから、それはこのあとなんでしょう。

シェリダン使うとソリスティックになるのですか(笑)
いいなあ、欲しいです。
でも最近は去年作ってもらったFMCの頭部管がやっと鳴るようになってきました。
次は・・・リップライザー金のをオーダーしてみようか
誘惑されています(笑)
どう思いますか??

No title

シェリダンは、シャープでバカでかい音になるので、ソリスティック?かな。
音量については、総銀がしっかり鳴るようになっていれば、全く問題ないと思いますね。

FMCの頭部管をもう少し吹いた方がいいと思います。リップライザー金にすると、音色に変化は出ます。が、カットを極端に変えない限り、音量はさほど変わらないでしょう。

リップライザーのどのあたりに魅力を感じているのでしょうか?

Re: No title

ラブリーさん

> リップライザーのどのあたりに魅力を感じているのでしょうか?

ブラバンにいるとどうしても音が埋もれる感覚があるんです。
(そのせいで吹きすぎて音がダメになるような。。。)

あちこち市民バンドを聞きましたが、ゴールド使用の方の何人かは、音のエッジが立っているというか、音色が他のメンバーとは違う(よい悪いという意味ではなく)印象を受けました。
FMCはだいぶ音色も落ち着いてきたし、多彩な表現をする入口までは来れたのではないかと(自画自賛)思っているので、今後もレッスンで使用するのはかわりません。

頭部管すべてをゴールドにしちゃうとツートンカラーになっちゃうので^^;単純にリップライザーをゴールドにすれば、スパイスだけでも感じられるかな、と思いました。

No title

音が埋もれる。分かる気がしますね。
僕もそうでしたが、ブラバンで吹いている方は、大抵そう言いますね。僕はブラバンの指揮をすることがありますが、きっちり鳴っているフルートセクションですと、フルートの明るい音がスーッと聴こえてくるものです。むしろ、吹きすぎに聴こえることもあります。

音色の変化を付けるのであれば、ありでしょう。今のシラスマさんのセッティングであれば、FMCよりも、サンキョウのFTとかRTを試してみてはいかがでしょうか。シャーリング多めで、なりますよ。FTは。

>ラブリー♪さん

なるほど~サンキョウですか!まったく考えてなかった選択肢です^^;
そもそも、サンキョウを吹いたことがありませんもの(爆)

> きっちり鳴っているフルートセクションですと、フルートの明るい音がスーッと聴こえてくるものです。むしろ、吹きすぎに聴こえることもあります。

そうなんです、人数が増えてるのに音は聞こえない現象とかありますよね。
狭い練習場では周りに音がありすぎて自分の音が聞こえづらく、どんどん吹きすぎちゃう。
で、ステージに上がってイキナリ周りから音が消えちゃってビビる(笑)
高校時代は、よく隣の市の市民会館でステージリハをしたもんです。
ほんと恵まれてましたね。

どうも私はシャーリングの出にくい奏法のようで(笑)>勝手に思ってる
これは頭部管のせいじゃないですよねえ~^^;;;
非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。