スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンフェス2010

札幌市民バンドフェスティバルを聞いてきました。
毎年、4月29日に行われているイベントです。
友人知人も結構出演しております。

最近、札響・TKWOと聞き続け多少なりとも耳が肥えているので(笑)辛口です。
でもここにはもちろんカキコミ出来ません^^;
札幌市内で活動する市民バンド7団体。どこも歴史あるバンドです。
でも最近は札幌にも多くの市民バンドが生まれており、
フェスに参加はしてないけど、上手なところも多いです。
そういうところは、今後どんな扱いになっていくのだろうか、
などと、余計なことを考えながら聞いていました。

選曲や演出はそこそこのカラーが出ていて、わかりやすいですね。
バンドの規模も違えば、やりたい傾向の曲ももちろん違う。
こういうのを聞くとついつい笛ばかり聴いちゃいますが^^;
今年はわりと聞いたことのない知らない曲が多かったかな。
先日練習見学に行ったバンドの演奏、よかったです。
あのときよりはるかに完成度が高い演奏でした。
はとぽっぽの世界旅行、わかりやすくて聞いてて楽しい。
お客さんの立場での選曲になるか、自分たちのやりたい曲を優先するか、
難しいところでしょう。
いろんなバンドのお客さんが混じってますから。

なにより、最後の合同演奏が圧巻。「300人のアルヴァマー序曲・ローマの松」
去年NHKのテレビ特番でサウンド+を放送していたのですが、
そのときのスペシャルバンドも数百人の規模で、
正直、そんなのやってて楽しいのかな、って実は思ってました。
でも、300人の演奏はすごかった。
アルヴァマーって結構メジャーな曲で私も何回か聞いたことはありましたけど
「この曲、こんなにいい曲だったっけ!!」って本気で思いました。
ラッパや金管の響きは明るくて、木管の響きが重厚に支えている。
なんていい曲なんだろうって、久々に感動しました。
コンクールなどでもよく演奏されますが、この規模だとまったく違う曲。
エネルギーというか、パワーがすごくて、こりゃ~この中で吹いたら楽しいだろうと
めっちゃうらやましく思いました。
曲が終わったら、後ろに座っていたおばさんオカアサンが
「わ~すごい!すごいね!すごいわ!」って言ってましたもん。

アルヴァマーに比べると、ややアラが目立ったアッピア街道の松。
曲の作りはボレロと同じような感じなのですが、
ソロならまだしも、弱奏部分はやはり人数が多いと難しいですね。
各バンドの演奏の時も思ったけど、キタラの大ホールは音響がいいから、
上手さ倍増な反面、アナの部分も逆に目立っちゃう(聞こえちゃう)よね。
最後に向かっての盛り上がりは充分だったけど、
やっぱりアルヴァマーのほうがなんと言っても聞きごたえありでした。

奏者の数もすごかったけど、パーカッションもすごかった(笑)
縦に3人並んだシンバル、バスドラ2個、スネア2個。
アッピア街道の松のラストでは、トライアングル3個が鳴り響いていました。

出演された皆さまお疲れ様。たのしませていただきました。
来年もがんばってください。

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。