スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボヘミアの風

札響でエリシュカさんを聞く。
去年は行けなかったので、今年はなんとか、と思っていました。

ヤナーチェクとドヴォ、というチェコの巨匠のラインナップ。
シンフォニエッタは村上春樹さんの影響で大人気なのだそう(笑)
あのバンダっていうの、実際に初めて見ました。
最初のファンファーレもそうですが、曲中ずっとブラスの響きが厚くて
吹奏楽に近いイメージで聞いてました。
美しい響きのブラスって・・・ほんといいなあ。

ドヴォの5番、もちろん初めて聞きます。去年は7番と9番を札響で聞きました。
7番も笛の活躍する曲だなって思ったのですが、5番もそう。
笛だけじゃなく、三瓶さんのクラリネットの美しいこと。聞き惚れました~。

が。

曲が終わるか終わらないかのうちにデカイ声で誰かがブラボーと叫びました。
あれって、ほんとなんとかならないのでしょうかねえ。
エリシュカさん、まだ指揮棒上げてるじゃない。
曲は終わってないんじゃない?静寂も音のうちって本に書いてあるよ。
多分、ピアノで終わる曲だと最後音が消えていくのを待って
「は~」とため息が出て拍手、なんでしょうけど、
じゃがじゃん、と終わると一刻も早くブラボーって言わなくちゃシツレイ、
って思ってる人いるのかもしれませんね。

まあねえ、のだめでも最後の音が消える前にスタンディングでブラボーって
みんな言ってるもんなあ。仕方ないのかな。

じゃがじゃん、のあとに空間に漂う音の余韻って美しいと思うし、
そういうのを聞けるようにホールは作られているのではないかと思うので
モッタイナイよね。


全然関係ない話ですが、昨日となりに座った男性の方はすごかった。
鼻・口・耳に数え切れないほどピアスをつけてました。
ファッションは個人の表現なんで文句をつけるイワレはないのですが
個性的なお顔にジーンズにブルゾンという姿に多少驚いただけ。
私はキタラには、というかプロオケの演奏会にはデニムで行きたくない。
もちろんジーンズで行くこともありますよ、なんとかフェスティバル、とか。
でも最近死語ですけど、TPOってあると思って。
自分的に、その空間にそぐわない格好はしたくない。
と思っているのは自分だけかもしれないけど(爆)

そういえば、先日レッスンしていただいたT先生、
毎回演奏会後のお見送りに必ずロビーに出ていらしています。
人がどっといてお声をかけることもできませんでしたが
今度はロビコンで近くに寄ってみよう♪

ボヘミアンと聞くと、葛城ユキが真っ先にアタマに浮かぶおバカな私でした。

非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。