スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意識を意識するって

今日はバンド練習。
昨日さんざん笛を練習したので今日は小笛メイン。
人が少なかろうが、フルートパートに穴が開こうが(笑)無視^^;
(でも、いちお笛の譜面も並べて出来る限り穴を埋めてます)
やっぱり吹いてる時間に比例して、鳴りが戻ってきます。当たり前のことだけど。
でも高音がまだまだ出ません。仕方ない、次回は無理くり出す練習をしよう。

本日はサックスパートが勢ぞろいで、サックスパート中心の合奏になりました。
どうしてもサックスのユニゾン部分は目立ちますから・・・。
楽器の持つ音程や音色のくせもそうですが、吹いてる本人が知らず知らずのうちに
身につけてしまっている吹き癖、これがくせものなんですね・・・。
私もレッスンに行き始めて気がつきましたが、
「腹筋をきちんと使ってまっすぐ音を出す」ことの難しさ。
イマサラまっすぐふけない自分に唖然としたものです。

アクセントを意識してはずし「だーだー」と吹くことって
あんまりないから意識してやらないとできるようにならない。
そういえば中高時代も基礎練てキライで曲の練習しかしてなかった(気がする)。
「うたいたい」気持ちはたくさんあるから、自己流で節をつけたり音程を変えたり。
今から考えると、なんてこったいって感じです^^;
なんせ自分はそういう風に吹いてる意識はないんだもん。
意識してないから無意識なんだけど、それを意識するってすごく逆説^^;;

今はビブラートの練習が最近とても重要だなって思う。
音をまっすぐ抜かないで伸ばすことができないと
キレイにビブラートはかからないでしょう・・・。
もちろんまだビブラートを「無意識に」かけることはできないので
表現方法としてはまったくなんです。とほほ。


あとは、小笛を吹くときにいかにチカラを抜くかが最近の課題。
はー。
がんばろう。




非公開コメント

クラシック・アナログ時計
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。