スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがなモーツアルト

縁あって、カメラータ・ザルツブルグの演奏会に行ってきました。
オールモーツアルトのプログラムに、ピアノゲストが日本人の小菅優さん。

いや~まったくなにも考えずに聞いたのですが、よかったです。
これが本場の音なのか・・・と思う、弦の音色の違いにウットリ。
しかもですよ、結構メンバーが若い。
(もちろん頭の薄くなったオジサマもいらっしゃいます)
コンミスも若い女性、笛もオーボエ2本も女性(老若)、
アジア系も黒人系団員もいらっしゃいます。なんともインターナショナル…。
ヨーロッパの伝統のある楽団って、アングロサクソン命みたいなところがあると
勝手に思っていました、スミマセン^^;;
冒頭、フィガロの結婚序曲の「たららら」のささやき声のような始まりで
ああ、なにが始まるんだろうと、ワクワクさせてくれました。


名前しか知らなかった小菅優さん。
これがまた、すばらしいピアノでしたね~。
モーツアルトのピアノ協奏曲20番。
なんでも、幼少の頃より一人でドイツに渡って演奏活動を続けていて、
コンクール入賞歴ではなく演奏活動で認められた珍しいタイプのピアニストだそう。

まあなんといいますか、出てきたときは結構な肉食系?に見えたのですが
これがまた繊細なピアノで、正確なタッチといい、良かったですね~。
柔らかい音色が素晴らしかった。

なんでも、2010年のザルツブルグ音楽祭の前日に
「明日モーツアルトやれないか」って電話がかかってきたのだそうです。
代役だったそうですが、その時に弾いたのがこの20番で、大好評だったとか。
う~ん、わかるわ~(笑)

あと、指揮のシェレンベルガーさんのオーボエ。
もちろん指揮もよかったですが、モーツアルトのオーボエ協奏曲と言えば、アナタ。
例の、のだめカンタービレでも有名になりましたね。
(フルートコンチェルトの2番は、この曲を移調して作ったと言われている)
これまた、とってもいい音、上品なオーボエでした。
私どっちかっていうと、1楽章より3楽章が好きなんですよね~(1番も2番も)
あの躍動感がたまらない。。。でも難しい^^;;
シェレンベルガーさん、若いな~。おまけにめっちゃかっこいい!!

メインが交響曲41番ジュピター。
結構ここまで来るとお腹いっぱいです(笑)
しかもジュピターは・・・・超大。
年内はモーツアルトはもう聞かなくていいかな(笑)と思うくらい堪能しました。

キタラのホールにはとてもよく合うオケの音色でした。
これから日本ツアーが始まるのだそうです。
東京でも4公演ですか。札幌とは違うプログラムです。
ピアノコンチェルト毎日2曲!!さすが、東京は小菅さんの地元ですもんね。
でもシェレンベルガーさんのオーボエもよかったもんね(笑)
スポンサーサイト

う~ん大丈夫かな

来週バンドの本番なんだけど、全開に比べると格段に自分の仕上がりが悪い。
練習してないからだけど。
まあ自分だけじゃなくて全体の仕上がりももちろん悪い。
毎回悪いのでみんな、なんとでもなると思ってる。
たぶんそういう意識でいると、そのうちに手痛いしっぺ返しが来ると思う。
というか、来ればいいのにと思ってる。
また来年もこんなことを続けていくのだろうか。
本当に進退を考えたい。

さて、まだまだあると思ってたけど、笛の発表会もあと1か月半くらい。
レッスンは・・・3回または4回。
えええ~やばい。本当にヤバイ。
ここ最近毎回注意されてる、最初の出だしのピアノ。
もっと息を前に送って、ぶら下がらない、縮こまらない。
どこか遠くからふ~っと聞こえてくるようなピアノの出だし。
なかなか成功しない。成功率25%(笑)イメージの仕方が足りないのかも。。。
ダマーズの小品、いい曲です。好きですがやっぱり難しい。
いい曲に聞こえるためにはもっともっと表現しなくっちゃ…


世界を持っているって

三村園子さんのリサイタルに行ってきました。

ちなみに三村さんは、私の師匠の師匠でもあります…。
演奏を聴くのは初めてでした。

ぎりぎりに行ったら結構席が埋まってて、前半は前方の席で聞きました。
というより見てました。表情とか、アンブシュアとか(笑)
ゴールドのC管をお使いです。
さすが、なんというか、貫録があるというか、園子ワールド全開です。
ゴールウェイの時と同じく、はっきりとした音楽観というか世界観が感じられました。
ダイナミクスも音楽表現もはっきりとしててわかりやすいです。

吹いているときの表情もとてもステキですね。
自分の音がはるか遠くに飛んでいくのを愛おしそうに眺めてる、的な
本当に音楽が好きなのだということをしみじみと感じられました。
プログラムは、あまりフルートリサイタルではお目にかからないものでしたが
小舟にて、がとっても美しくて素敵でしたね~。
あと、三村朗さんの無伴奏も、日本の笛風で印象的でした。

もうよいお年だと思うのですが、姿勢もきりっと美しく、まるで妖精のようでしたよ。
こんな風に年をとれたらいいなあと思います。。。
(でも無理、絶対。年を取ったら太っていくタイプなんだもん(涙)

もう1か月かあ

来月の定演までもうあと一月。
なのにこの出来、オソロシイ。恐ろし過ぎる。
でもいいらしいよ、とりあえず出来たとこまで発表で。
1部の曲にいたっては、曲が通るだけだけど、ほんとにいいの?
縦と横もなんとなくだし(だってみんな譜面見てるから指揮見てないんだよね)
表現も、言われたことはその時だけ出来るけど、次の時には戻ってる。
先生がこうして、って言ってることの半分も答えられてないような気がするなあ。。

いや、言い出したらきりがないからや~めた。

風邪のせいで思ったように練習できません。
本当は明日予定されてた演奏会(トラ出演だった)が急きょ中止になって
実は助かった、というのが正直なところです。
毎日朝から晩まで仕事してると、ほんと練習する暇ないわ~(涙)

最近クルマ移動が多いので、毎日毎日ゴールウェイの笛の音を聞いています。
すっかり覚えたゴールウェイ節(笑)
この半分、いや十分の一でいいから、こんなふうに吹けたらなあ。。。
とぽわ~んと思いながら運転してる毎日です>めっちゃ危険。。。
クラシック・アナログ時計
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。