スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~ん良い!!

師匠のお誘いで、ライブに行ってきました。
鈴木良雄BassTalk
井上信平さんというかた私存じ上げませんでしたが・・・・
とっても素敵なフルートでした!

ライブはクロスホテルのミートラウンジで。
前にここで師匠のライブもあったのです。
とってもム~ディで、雰囲気良いフロント前のソファ。
いつも思うのですが、ここのラウンジ眠くなります^^;;

いつも食べないで来て、一気に飲むワインやらなにやらが回ってしまうので
今回は一粒庵さんでラーメン食べてからくる!!と決めておりました。
夏の冷たいつけ麺、とってもオススメ~。
つけ麺ってつけ汁(スープ)が濃くて、最後割って飲むでしょ。
でも、このつけ麺は違うんです。
ジャガイモのヴィシソワーズって言うフレンチの料理を応用して、
豆乳でわってるんですって。とってもなめらか~。
ちょっとスープにしては濃い?って感じで少し塩辛いんですけど
そんなの麺に絡んだら気になりません。

これって…ラーメン??(笑)でも美味しい~。
麺との絡みが良くて、あっという間に減っていきます(笑)
完食^^)というより麺が余る(笑)
どう見ても男の人よりは女の人向きです。
とするとちょっと麺が多いのよね^^;;
料金変わらなくてもいいから、量を選べるといいのになって思います。

おおっと。
ライブのエントリだったはずなのに、ラーメンの話になっちまった。
そうそう、ライブ。
なぜだかわかんないんですけど、客層が高い(笑)中年メイン。
仕事帰りのサラリーマンが多かったなあ。圧倒的に男の人。
お酒がよく出ていましたね^^;;私も飲んだけど。

ここのバンドは全部鈴木さんが作ってるオリジナル曲で、
しかもどの曲もいい。ゆったりとした曲調から、サンバまで。
おまけにメンバーは一流ときてますから、そりゃ~肩の力の抜けた
大人の音楽が堪能できました。

井上さんは、ほんとに簡単に楽そうに、歌うようにフルート吹いていて。
ビブラートもそんなにかかってないのに、すごく味がある。
表現力が豊かなんですね~。
ちょっとかすれた低音にくらべ、めちゃきれいな高音ののび。
おまけに、ところどころに出てくる超絶技巧(笑)が超絶に聞こえない。
やっぱホンモノだ…。

最後CD買って、サインもらって、ちょっとだけ井上さんとお話もしました。
見た目は普通の日本人のオジサンなんですけど
(いや、ほんとにそうなんですって、開襟アロハにスラックスという格好なんですから)
しゃべると、とってもアメリカ風紳士。うっかり惚れてしまいそうです(笑)

で、最後お使いの楽器はなんですか??ってきいたら、
「僕のはフルートはへインズ、アルトはコタトのだよ。
でもパウエルでもどの楽器使っても僕の音になっちゃうんだよね。
きっと楽器はそんなに関係ないよ~」
と軽やかにおっしゃってました。
う~む、井上さんクラスだとそうなんだよね。

dancing Luna

ステキなアルバムです^^)
東京ではよくライブもあるみたいです。
札幌にまた来てくれたらいいな~。



スポンサーサイト

シリンクス

う~ん難しい。

全然出来上がらない、と愚痴ったら
ずっとやってていいんですよ。何年たっても。
目をつぶって、瞑想の世界に浸って吹けるくらいになってください
と言われました…。
う~む。
奥が深い。でもぜんぜん目をつぶっては吹けません^^;;

なんかキョロキョロしてる挙動不審者のように、先生の姿を横目に見ながら(笑)
で、「そこはねばらず、すっと~」と言われています。
粘ってるんじゃなくて…伺ってるんです(笑)

いい曲なんだけど。まだまだ。いやまだまだまだまだ。。。

母校の定期演奏会に行ってきました

昼夜2公演、びっちり聞くのも結構大変(笑)
チケット売れ行き悪いって聞いたので、頑張りましたよ。

さて。
音の感じは去年より良くて、わりと安心して聞けました。
でもまだまだ未完、な時期ですから。
これからコンクールにむけて磨いていかなくてはイケマセン。

課題曲は1と2がプログラミングされてて、4のマーチがアンコール。
さくらのうた は一瞬歌謡曲?って思っちゃったんですけど(笑)
なんと拍子が8分の6なんですってね。ぜんぜんわからなかった^^;;
でもこれ表現ムズカシソウ。桜の散りゆくうねり感とか。
一瞬の間がイマイチ伝わってこなかったですね~
2の喜びへ歩き出せって行進曲のほうが聞きやすかった。
でもちょっと遅く感じましたね。設定のテンポがこれなのかな??
行進・・・?というより散歩かな?

今年の自由曲はたぶんコレ。
ラッキードラゴン
この曲、去年普門館でも聞きました。2校くらいやってたかな。
すごくいい曲です。木管の旋律は美しいし、金管もいい。
最初悲劇調なんだけど、一筋の光の中から希望が見える的な。
ストーリー性があって、聞いててわかりやすいです。
なので、場面場面で色を変えていかないと、のっぺりした演奏になっちゃうかも。
最初の木管の主旋律なんて、ちょっとうるっとしません(笑)??
終盤の緊張感も聞いててたまりませんなあ。。。
さすが、自前でオーダーしただけある(笑)全国初演、金賞の演奏ですね。
多分この後この演奏をモデルに全国の学校が演奏したんだろうなあ。
このくらいの演奏を、聞きたいなあ>母校のサウンドで(笑)

恩師はすっかり元気になっており、3月の勇退会?で
「これからはゆっくりと人生の山を下りたいと思います」
とかなんとか言ってたのに(笑)
吹連の役員も全部おりちゃって、審査員もしなくなったから
全道各地の学校から指導に来てくれと依頼が来てるらしく、
この日も函館からの帰りだったらしい。
「ちょうど6月からイカが解禁になってですね、これが旨いんですよ!」
って…あのう、手術したんですよね胃。驚きです^^;;
「お酒もですね、急に飲むと酔っちゃいますから、練習が必要ですね!」
とJRの中からちびちびやって帰ってきたらしい。
全然山を下ってません。逆に登ってはりますわ。。。

元気になったのは見た目だけじゃなく、滑舌も昔をほうふつとさせる感じで。
教え子の吹奏楽部現顧問の指揮についても
「あんなヘタクソな指揮。あれじゃダメですね~今日言ってやらないと!」
「いいですか~奏者はお客さん向いてます。でも指揮者は背中を向けてるんです。
背中で指揮をしないと。背中で自分のやりたい音楽を表現するんですよ!!」
わかりづらい指揮はだめですね。とバッサリ(笑)

最近の口癖は、
「音楽はいい音が鳴ってて、縦と横があってるだけじゃダメなんです」
「ここ(胸)に響くような、アツイ音楽を作らないといけません」
ほんとに、まだまだ、もっともっと現役でやらせてあげたいです。
死ぬまで振ってて欲しい。

それに確かに恩師の作る音楽は魅力的です(笑)
今度夏合宿の練習見に行こうかな。音が変わるとこってなかなか見れませんから。

定演の感想というより、恩師の感想になってしまった(笑)

まずは一つ

今年度一つ目のイベント終了しました。
野外ステージ、苦手です。。。
特に笛はエアリードなので風が吹いてると吹きづらいからです^^;;
おまけに今回はマイクソロあり。。。
練習で間違ったことのない部分で噛んでしまいました(涙)ナンデ~。。。
そして噛んだ瞬間にパニックになり(笑)そのまま終了。
久しぶりに心臓バクバクしました。。。
ま、最後2小節の、あっという間の出来事だったんで、忘れましょう。。。

来月の本番はできれば無風でお願いしたいです(祈)

ほんとは打ち上げは予定されていなかったのですが
結局残った人々で飲みに行きました。
何の曲がやりたいかで盛り上がり、出たのがホルストの「木星」
木星 洗足学園版
まあねえその時は飲んでたし(笑)
シラフで聞くとむりじゃね?って思うわ。
この音源はかなりうまいですね~。
木管ムズカシソウ。特にクラリネットが充実してないと厳しいかも。
あとオーボエ。。。

今は小編成にアレンジされたのもあります。
木星 小編成アレンジ
ちょっと原曲と雰囲気はかな~り違ってますが。
まあこれもありと言えばありなのかな。


オ~ル

洋銀吹きました!

来週野外イベントがあるのですけど、
自分の洋銀ちゃんを貸し出ししているのだと師匠に言ったら、
入門用のジュピターの洋銀を貸してくださいました。
実はオール洋銀って初めてで(中学の時最初使ったと思う)
どんなもんかなあ~と思って興味津々でした。
来週の本番に使うのでそろそろ慣れとかないと昨日の練習に初参加。

第一印象は「軽い!!!!」
驚きの軽さです(笑)C管だし。
しかも自分の洋銀もヘッドはシルバーですから、実はちょっとアタマが重いんですよね。
ちょっと鳴らした時には、ああ、結構鳴るじゃないと思ったのですが、
実際合奏で使ってみると・・・・^^;;
ここからは個人の感想です。

まず音色。倍音が薄くて、ちょっと戸惑います。
(これはでも楽器のせいじゃなくて自分のせいかもだけど)
音量も多少足りない感じ、というか飛ばない感じです。
手ごたえがないというか・・・息を入れても反応してくれない?
ピッチは・・どうかな。いつもよりは少し大目に頭部管抜きました。
全般的には問題ない感じでしたが、Cisが安定せず^^;;
そのCisの音色に慣れてないからなのかも?

といろいろ悪いことばっか書いてますけど
たぶん、吹き方が合ってないんだと思います。
押してもダメなら引いてみろ、ということが出来なくて
これでもかこれでもかと押していた気がしますねえ~。

でも、初ジュピター、結構いけると思います。
なんたって安いですもんね。
頭部管は割とシンプルな感じでした。
サイドカット入ってなかったし、大音量タイプなのではないのでしょう。

にしても自分がいかにマエスタに助けられているのか
(鍛えられているのか??)
しみじみ考えてみたりして(笑)

やっぱ、試奏でちょっとくらいスケール吹いてみてもわかんないわ。
(自分の場合ね)
と思った土曜日の夜でした。
クラシック・アナログ時計
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。