スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃は、はっ!!

え~正しくは27年前ですね。数えました。

母校(高校)の先生の退官祝いの演奏会&懇親会が先日催されました。
と言っても、先生はもう10年も前に母校から北海道唯一の音大に移られ
このたびはその音大も退官で、どうやらご隠居?の身になるようです。
(ほんとうかな?)
あと、以前は副顧問で今もOB会などに顔を出してくれるS先生も定年だそうで
一緒の退官のお祝いでした。

それに合わせて20期周辺のOBでプレミアムバンドを組んだそうで。
私たちヒトケタからの年長組は入れてもらえなかったので(笑)
ただただ聞いていただけでした。
もう何十年も遠ざかっていると、曲もよくわかんないですね^^;;
それでも総勢70人くらいですか。
往年の白石サウンドってこんな感じ、って課題曲聞きながら思いました。
フルートだけでも10人ほどいましたが、
たぶん、音大卒クラスがごろごろいるみたいで。
70人の音の中にも埋もれず、きちんと聞こえてきたのにはちょっと感動。
そうそう、この、上澄みというか縁取りのような、
フォルテの中にもフルートの音が立っている。
この感じって、最近あんまり聞くことができなかったように思います。
吹奏楽の中では力では絶対負けます>笛
特に数が多くなるとピッチが合わなかったりで、よけい埋もれてしまう。
でも、こういう風に聞こえてくると、
音色や響きに彩がでて、豊かないいサウンドになるように思うので
たとえラッパの倍音と言われようと、ちゃんと仕事してるんですね。

せっかく行ったんだから全体聞けよって話ですけど(笑)

ホールで90分間、休憩なしで曲を聞くって結構疲れますが
そのあと、大ホールから小ホールに移動して、
ちょっとしたご歓談の後、また数曲の演奏。
今度はポップス、踊り、歌ありのいわゆる2部形式?
(AKBは1部でも踊ってたけど)
う~ん、こういうのって、よっぽど出し物の精度を上げないと
やってる人の自己満足っぽくなっちゃいませんか。
楽しそうだし、いいんだけど、あえていうなら、って感じです。
いわゆる芸能人たちが、いかにステージ演出に真剣勝負をしているか、
たまにドキュメンタリーなんかで見ますけど、
あのくらいやらないと、見てる人を十分満足させられるものはできないのかもね。

会のラストは2人の恩師に向けメッセージ。

最後に、
「こういう機会が持てて、またみんなで一緒に吹くことができてよかったです」
とMCは泣いておりました。
そうだよね。
顧問の先生は違えど、
青春を燃やし尽くした高校時代は
たしかにあそこにあったんだよね。
思いはだれもが同じなんだなって思いました。
「もしできるなら、その舞台に恩師といたのは私たちでありたかった」
という思いがなくもないけど(笑)
実際に行動を起こし、何か月も努力してきたのは彼らだから
その努力にはおしみなく拍手を贈りましょう。

まあいろいろすったもんだがあったりして
多少複雑な感情を抱きつつ、参加した演奏会でしたが
じんわりとした思いで終わることが出来ました。

きっと事情を知らない方はなんのことだかわからないですね^^;
スミマセン。。

話はそれますが、最近驚いた小ネタがあります!

→続きを読む

スポンサーサイト

年に一度の

合同演奏会終了しました。
あ、その前にサンピアザ演奏会ってのもあったんですけど。。。
この二つはだいたい同時期にやっちゃうので、ついついまとめてアップ。
(でも内容というか重要度にはかなり差があるのですが)

今年でえーと、4回目ですか?
私4回出てるの?記憶にないなあ。。。

DSC_0914-1のコピー
画像はクリックすると多少大きくなります^^;

サンピアザのときは笛の曲もあったのですが
合同演奏会はワカモノらにまかせることにしているので
荷物少なく小笛のみ。スタンドもいらないしー。
なので、OBの演奏が終わればあとは見てるだけです。
でも、いつも出番のないデジイチ持参したので結局大荷物になりました。。。

去年もなんだかいろいろ思ったと思うけど。
今年はほんとーに大変というかストレス多い日々でした。
同じOB(OG)という立場なのに、なにゆえ彼女らはああまでお客さんなのか
はっきり言って理解に苦しみます。
ゲストではないのだから、少しは協力するとか手伝えばいいのに。
それともゲスト気分で参加なら、もっとまともに吹いて欲しい。

今回トラのお三人(Tb、Per,Tuba)には本当に本当にありがたいです。
また次回もよろしくお願いします。。。

ぐちぐち言っても仕方ない。ね。

演奏会1部は中学生。
1,2年生だけって結構つらいよね。人数少ないし。
去年のコンクールはA編成だったそうなので
入学してきた1年生を入れて50人は超えることでしょう。
母校の吹奏楽部人気?に多少はOBバンドも貢献しているといいのですが。

2部がOBバンドの部。今回の曲のラインナップは
ジュビラーテ、ブルーコーナー、ジョージア、ボサノバ、故郷の空、の5曲。
まあ、こんなもんでしょ、という出来(笑)
ジュビラーテはとことん仕上がらなかったですねー。
またも止まりそうでした。もう二度とやりたくない(やるべきではない)曲NO,1

3部は卒業した3年生も入れて全員での合奏。
そうかー、3年生は3部の曲しか吹けなかったんだね。
なにかもうちょっと活躍の場があればよかったのかな?

クライマックス、アンコール1曲目は宝島。そして2曲目は
小編成吹奏楽と合唱のための「明日という日が」
DSC_0943のコピー

震災復興のために作られた曲です。
1,2年生の部員全員で合唱しています。
じーんときました。
ここが一番よかったな。それまでのヤなこと全部忘れました(笑)

サンプルお聞きになりたい方はこちらをどうぞ明日という日が

この音源だとピッコロの音もはいってますのでフルで演奏してるみたいですが
合唱がメインなので、あまり後ろの吹奏楽がうるさくないほうがいいですね。

ありえない、けどなんとかなっちゃう。


今日はイベント前の強化練習。9時から17時までの強行スケジュール。
朝もはよから会場に行って準備をしていると、指揮者のセンセイがやってきて、
「そこで、区P連(というPTAの組織があるらしい)の人に会ったんだけど、
隣でやってる震災チャリティコンサートに飛び入りで参加しないかって言ってる」
・・・はあ?
だってパート抜け抜けだよ?トロンボーンもユーフォもいないし、クラも一人。
・・・でも断れずやることになっちゃう。
いきなり本番かよ、しかも予定の半分以下の出演者なのに。

とりあえず2曲曲を決め、いないパートの旋律(これが結構多い)を
あーだこーだスコアを見て拾える人で拾う。
ぎりぎりまでリハとパート割をやって、とりあえず舞台へ。
いつもよりも嫌な汗をかきつつ、それでもなんとかなっちゃうんだよね。
確かに音も少ないから薄いし、いないパートも多いけど
トラはHさん一人(プロ級)、あとは団員だけだけど少数精鋭。
そのせいかこれがまた結構いい演奏だったりするんだよね。
・・・・こういうのが癖になるんだな。

まるまるユーフォの「見上げてごらん~」のソロを吹いたM奈子ねえ、
もう、ノリノリで(笑)素晴らしいソロでした。


でも、この本番(午前中)で燃焼しきったためか
午後の練習では気持ちを作ることができませんでした(爆)
まあ、その、完全燃焼しただけじゃなくて、
納得できない出来事が重なったせいもあるけど。

ここから先は超~愚痴です!!


→続きを読む

クラシック・アナログ時計
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。