スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れちゃダメ!

2週間ぶりに、マスターズに調整に出していた笛が戻ってきた。
ひっさしぶりに練習だ♪と勇んで出かけたが・・・悲しいくらいに音が出ない(涙)
初めて新しい頭部管吹いた頃みたい。えええ。マジ?
ごごごご機嫌がよろしくないのね・・・なんでかしらん。
それに、最近の不摂生がたたって腹筋も・・・・つり気味(笑)
うあー。かなりきっちり基礎練しないと音が戻ってこないかも。
でも曲も練習しないと間に合わないよなあ。
とりあえず1時間の持ち時間を半分腹筋音階練習、半分を曲練に費やし終了。
というか年内は練習には来れないから、今日で練習納めか?
いや明日風呂場で小さく練習しようっと。
スポンサーサイト

忘却の彼方へ・・・

バンド忘年会も終了。これで今年のエンカイはすべて終了。
事務局業務も終了です(やったあ)。

新札幌とり将軍、はじめて来ましたけど結構な混みようで
あらゆるとり料理の襲撃でした(そりゃあ鳥料理屋だから)。
つみれととろろの鍋は結構イケました。そうかあ、とろろを入れるのね。
でも、鍋のあとにから揚げ持ってくるのは厳しい(笑)食べられません・・。
まあ、忘れるべきことはとっとと忘れ、来年に向け期待しましょう。

重大発表ってなんだろうと思っていましたが、
ホルンのAちゃんの結婚退団と3月のコンサートの告知でした。
ああ。ホルンが手薄になるねえ。
3月にはまた人前での演奏の機会がありそうです。
いつものショッピングセンターでの単独コンサートと、
中学校の体育館で合同演奏会をやるんだそうです。
さんがつ・・・・みんな忙しいんでないの??大丈夫かねえ。

最終のJRで帰ろうとしたら拉致られました。
ススキノから自宅までタクシーで2,000円かからないのに
新札からだと2500円以上かかるんです(涙)
うう。
二次会は新札の白木屋。飲み放題で出てくる酒はやばいものばかり。
安心して飲めるのはビール(発泡酒とも言う)くらいで
特にワインと日本酒は危険極まりない飲み物です。
瓶から直接注がれたもの以外は飲みません(笑)
と言いつつ昨日は「生絞りグレープフルーツサワー」を飲んでいました。
ま、とりあえずグレープフルーツは肝臓にもいいということで。
昔よく大五郎とかサッポロソフトとか病院のニオイのする酒を飲めたものだなあ(笑)

今日は昨日のWiiのおかげで筋肉痛です。
昼間行った銭湯のサービスカード2枚使って無料のラーメン食べました。
なんともいえない「海の家のラーメン」みたいな味でした(涙)
これが今年のシメラーだなんて悲しすぎる。リベンジしなくっちゃ。

これって・・・カテゴリー、バンドかな?
いやいや、忘れましょ忘れましょ。

着々と年末

練習もレッスンも年度内は終了。
忘年会ばかりに出席していて、何度年を忘れたことだろう・・・^^;

先日、いつも行くお店のクリスマスイベントへ。
去年はゴスペル、今年は・・・お琴スペシャルです。
琴でジャズ
琴なんて、間近で見ることないですから。。。
大きいのが17弦小さいほうが良く見る12弦の琴だそうです。
クリスマスなので、きよしこの夜とかジングルベルのクリスマスソングのほかに
A列車で行こう等のジャズレパートリーも出来ちゃうんですねえ。
ステージのあと、琴を見せてもらいながらお話を伺いましたが、
やはりジャズ等はオキテ破りなところがいっぱいあるので
演奏するのは大変だそうです。
弦楽器の琴、一弦で一つの音が出る。
そして手を使って弦を押さえて半音を出します。
その半音がですね~とってもいい感じなんですよ、まさに導音て感じ。
なんともいい緊張感をかもし出してくれる音色でした。
こういうのってやっぱ演奏者のセンスなんですね~。

琴は一つの木を彫り上げて作るのだそうです。
入門用などは貼り合わせのものもありますよ~とのことでした。
中は空洞で、細かい彫りが施されていました。
音に複雑さを与えてくれるのですね。
琴職人と言われる人が、本州のほうにはいらっしゃるそうです。
ちなみにピンキリですとおっしゃってました(笑)
楽器は本当に金がかかるわあ(爆)

今日で今年最後の忘年会、バンドの忘年会です。もちろん幹事です(爆)
もう忘れるべきことは・・・みな忘れた気がするけど。

来月のパートアンサンブルに向けやっと始動しました。
(といっても曲を決めただけ)
ケーラーの花のワルツ(ピアノカラオケつきだから)と、アルテ2巻に載ってる
テレマンの2本のフルートのためのソナタ(1楽章できれば2楽章もやりたい)
はてさてどこまで出来ますか・・・。

練習納め

多少早い気もしますが、19日はバンドの練習納め。
最近めっきり参加者も少なく、バンドと言うよりはアンサンブル化していましたが
さすがに年内最後ということでいつもよりは集まりました。
もう来週は忘年会ですからね~。

ここのとこずっとスターリーをやっています。
時間があるので、かなり丁寧にさらっていると思います。
同じところ、日にちが変わればまた同じ注意をされたりするのですが
これはもう仕方ないことなのでしょうね。
回数を重ねて、カラダで覚えていくしかありません。
久しぶりに合奏して思ったのですが、なんかちょっと上手くなってる、みんな。
やっぱ、時間がかかるのは仕方ないので、地道に努力するしかないのだわ。

にしても、自分自身も久しぶりに小笛を吹きまして^^;
いや~音でないし(爆)音程悪いし(爆爆)こりゃ~マズイ。
年が明けて(来年度の予定が立ったら)真面目にやらないとダメ。
それでも、ブラスロックは中音域ばかりでストレスのたまる笛2番に比べれば、
きいいい~と三オクターブ目をがりがり吹ける小笛はストレス解消にいいです。
は~ひっさしぶりにすっきりした(笑)
やっぱり・・・目立ちたがりなのかなあ>自分 今頃だけど。

いつものワタシの相棒は、最終レッスンの後全体調整の為FMCに送ったので
今回は古い洋銀君での参戦でした。
結局FMCの頭部管はマエスタ君で一緒にしちゃったので
洋銀君はまたも、以前のオリジナルの頭部管をつけられてしまいました。
音は出るけど・・・・なんかイマイチ。よく見ると唄口サイドカットとか入ってない。
いちおこれ頭部管銀製なので、カットしなおしてもらったら多少音が変わるのかしら。
マスターズから戻ってきたら相談してみようかな。

昨日の題名のない音楽会、吹奏楽の佐渡さんクリニック、面白かったです。
音が変わるのって当たり前だと思うけど(シエナのヘルプメンバーも入ってるし)
指揮者が違うとこんなにメンバーの反応が違うんだなあって思っちゃいました。
「どんなことしてくれるんだろう」って顔に書いてある(笑)
佐渡さんはあまり特別なことはしてないように思ったけど、
やっぱねえ、一番はメリハリですわ。
うちのバンドもそうだけど、指定されたテンポで最初のうちはやれていても、
だんだん自分たちの吹きやすい、やりやすいテンポに変わっちゃう。
または曲を完成させるうち安全策で「多少ゆっくり目にしておこう」
みたいな計算が入ることがままあるのではないかしら。
すると曲全体がなんとなく均質化するというか、のっぺらぼうになる気がする。

でも佐渡さんがあの大きな体で振ると、曲が生き生きして聞こえるんです。
客席にも「拍手してくださいね」と注文をつける。
そうか~演奏会って、客席やお客さんも入って完成するものだったっけ・・・。
だから聞く人のことを考えた選曲や演出が必要なんだ・・・。
ああ。ワタシも佐渡さんの棒で吹いてみたい(笑)なんてね。
一瞬でバンドも客席の雰囲気をも変えられる人が
一流と言われる人なのかもしれません。

あ、千秋もそうなのかな(笑)のだめ見に行かなくっちゃ。。

撃沈・・・

年内最後のレッスンでした。
アルテは、まあまあで合格。でも符点のリズムがあまいですとご指摘。
なっかなかなおらないんですよねえ。気にしてるんだけど^^;

問題のケーラーのエチュード2番。
Allegrettoのテンポで16分音符がずらずら並んでいます。
冒頭の但し書きには「energico」見るだけでわかる、エネルギッシュ、ですね。
で、いちおう練習はちゃんとしたんです。約7割のテンポでですが・・・。
そうするとですね、全然違う曲になっちゃうんですよ。
その時、「こういう感じなんですけど」と師匠がちょっと吹いてくれたんですが
自分のとのあまりの差に愕然としました。全然違うじゃん。。。
エネルギッシュで元気に、のイメージだけじゃやっぱダメで、
もっと緊張感のある吹き方を保ったまま、最後まで吹き続けなくてはいけない。
ふんわりやわらかハミング~♪のような吹き方ではまったく表現できません。
しかも、譜読みが間に合わない、指が回らない、低音が鳴るのに時間がかかる。
ダメダメのぐずぐずでした・・・。
「この曲わたしもOKもらうのに何回かかったかな~」と師匠は慰めてくれましたが
ひっさしぶりに撃沈というか、太刀打ちできない気分になりました。
でもこういうのが吹けないと、挑戦できない曲は山ほどあるから、
がんばって練習します。打倒2番!!!と相変わらず極端ですが・・・。

土曜日はバンド練習も練習収め。翌週の土曜日が忘年会です。
気分的にも押し迫ってきたなあ~と感じますね。
クラシック・アナログ時計
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。