スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうかあ、とぽんと膝を打つ

ムーケは第3楽章までサラリと終わりました。
ゆっくりな曲は落ち着いて吹けるけど、ちょっとテンポの速い曲だと、あちこち破たん。
がどうも今の自分の弱点のようです。

譜読みをして、頭の中でド、レ、ミ・・・と最初はなっても、
吹きこんでいく段階で、その音名のドレミを曲としてのイメージに変換して、
できたイメージの通り、そこをなぞりながら吹くだけ。
だから、ゆっくりでもいいからイメージ通り吹けるようになるまで練習して
そこからテンポを上げていく。
そのときに、ただただ早いテンポで吹くのではなく
自分でもつ曲のイメージを破たんさせないように。
そこの見きわめ(聞ききわめ?)が出来るようになるといいですね。

ざっとイメージと言っても、つまり音色音程イントネーションなどの技術面のほかに
音の向こうに見える景色だとか、温度とか、そういうものを大事に。
うん、難しいけど、なんとなくわかるよね。

ドレミの音名だけで吹いてる人は、どんなに指が回っててもすぐにばれます。
例えば、「録音するとなんか違うんですよね」って人はだいたい音名で吹いてることが多いです。

ギクッ。昔の自分だ。
えー。あたしこんな音でこんな風に吹いてたの???ってがっかりするバージョン。

最近ずっとレッスン録音して聞いていますが、
やっと、自分が「こう吹こう」と思ったような演奏、録音になっていることが増えました。
そうか・・・・そういうことか。
とちょっと納得しました。
もちろん、あくまでも、「ゆっくりなテンポでは」の但し書きつきなのですが
今季の努力の方向性が見えてきた感じです。

ああ、悪夢の「君恋」あれから何年たったかな。
やっとあの時のヒドイ演奏の原因が分かった(笑)
だって、技術的にはノーミスに近かったんだよ~音楽的にはひどかったけど。
なので。今ゴダールの第3楽章のワルツをやってるんですけど、
それが終わったら、君恋、ゆっくりでもちゃんと吹けるようになって
成仏させてやろうと心に決めました・・・・。

スポンサーサイト

さらさらと

時間は流れ(笑)もう5月も終わり。
来月が終わったら一年の半分が過ぎたことになるではないか・・・・(爆)
おお。大変。

レッスンも地道に行っています。
一か月に笛2小笛1
やっぱり笛のほうが楽しい。小笛はやっとまともな音が鳴るようになってきたくらいで、
ちょっと吹きすぎたらすぐ破裂するし、高音3G以上は出づらいし、あんまり楽しくはない。
まあでも、ヴィヴァルディの曲は楽しいから良しとしよう。。。
難しくてなかなか先に進めないけど。

笛の方はムーケ2楽章も終了して3楽章、半音階と高速タンギングの練習(爆)
全然設定のテンポにはついていかれないけど、まあいいや。
とにかく曲としての表現さえ守って吹けばよいとのこと。
ボウ吹き禁止(笑)
ムーケのあとはなんにしますかと聞かれ、つい、シャミナーデのコンチェルティーノ、
と答えてしまった。
耳では覚えてるけどいざ譜面見ると、ただしく吹けないのよね~^^;;
近現代ものは苦手(というかあまり吹いたことはない)ので頑張ろうと思いま~す。

録音は優秀

月に3回のレッスンって、結構大変(笑)
木曜日(レッスンの日ね)うけて、翌日復習練習、週が明けて火曜日に次の分の練習。
って感じで、うまくやらないと回らない。
そんなときのお役立ちが録音。
もともと持ってるDR-1は最近出番なし^^;;iphoneの録音アプリで録ってます。
音なかなかいいですよ~。割れたりしない。
移動や空いた時間にちょこちょこ聞いています。
1時間みっちり中味覚えていられないんですよね~
すごく印象に残ったところくらいしか。。
残念ながらここが自分の記憶力の限界なんでしょう^^;;
そして自分の音を確認しつつ、あ~そうだこんなこと言われたとか、
こんな練習の方法も勧められたなとか、思い起こしています。
目の前に譜面があればなおよし、って感じでしょうか。
ついでに、ビブラートがキタナイな、とか、やっぱり出だしが貧弱だなとか、
他にもいろいろ気づきます(爆)

データはパソコンに転送して残しておけます。
なにぶんiphoneには他にもいろいろ入ってる。
16G買ったんだけど、32Gにしとけば良かったなあと今更後悔。
次(いつだ)は32Gにしよう!と決意。
今のところ、私のiphoneは不具合など起きず大変快調に動いています。
アップル製品にもタイマーあるのかしらね(笑)

今年も終了ですね

気づけば12月も終わり。。。
全然更新してなかったのは、レッスンがなかったから(笑)
一応週に2回は練習してました。
こっちの冬は乾燥してるので、楽器が良く鳴るなあという感想^^;;

やっぱりレッスンは楽しいですね~
基礎練習のあたらしいパターンを教えてもらったり、
日課大全集のこことここはやっておいたほうがいいね、とか。
曲のほうは「どれも平均に美しく吹くんじゃなくて、もっと波をつける」
そう、やっぱり「ボウ吹き禁止」
気持ちの問題なんだよねえ。わかってるんだけど、殻を破れない。
もっと主張しないと。。。
「ちょっとやりすぎだね、っていうのは実は褒め言葉」
こういわれる日が来るように(笑)頑張っていきましょう~

来月も1回のみのレッスンですが、個人練習で地道にやっていくしかありません。
また華やかさのない日々。でも結構好きかも。

今年は発表会がなかった分、ちょっと自分の到達度合いに不安が残ります。
やっぱり人前で吹くって、個人だろうが集団だろうが、大切よね。
年明けたらバンド探そうかな・・・

来年の目標?
「ちとやりすぎ」くらいの演奏を目指す(笑)かな~

なんとか決まりそうです

懸案事項の笛の先生ですが、なんとか決まりそうです。。。
先日、パールのギャラリーでレッスンを受けました。
何年ぶりでしょう。。。
おなつかしい、そしてお若い。

今回は曲があるわけではないので、基礎とエチュードをみてもらいました。
タンギングが苦手でという話をしたら、
舌の根元は歯(上顎)についていますかという質問。
今まで意識したことなかった…息の通り道を一本にまとめて、
いろんなところに息がいかないように、効率よく息を使う。
意識せずにできるようになればタンギングした時の方が
より音の発音がクリアになるそうです。

指だけでスケールをするのではなく、息の圧力も使って上がり下がり。
そのためにはレガートでの練習も必要。

きちんと理論づけて説明してくれるのでわかりやすい。





エチュードのほうは、
「音楽的にならない」という私の漠然とした悩みに対して
「イメージ9割技術1割です」と言っておられました。

例えば、跳躍。
1オクターブから3オクターブへの跳躍のとき、
直前ではなく、もっと前から明確に「上がる(下がる)」と意識しておく。
そうでないとキレイにあがれない(さがれない)
常に譜面は前に前に。→これが難しい

譜面面だけを見るのではなく、どんな曲なのか自分で想像する。
例えば打楽器が伴奏をつけてくれたとしたらどんな曲になるのかな。
弦楽器の低音が重々しく伴奏をするのと、ハープが優雅に奏でるのでは
出す音色もイメージもどんどん変わってくるでしょう。

もちろん技術的なお悩みにもこたえてくれました。
とにかく苦手な1C。この曲にも出てきます。
「その1Cの音だけ一生懸命出すのではなく、その前の2Cがきちんとなれば
あとはそのまま下がるだけでそんなに力む必要はありませんよ」

2Eの音はなぜ出づらいのか。
日本人の「ミ」の音がこもってる(鼻に抜ける)から。
CDEと発音すると、Eの音はクリアに発音できますもんね。。。
ちょっと左に曲げるイメージで音を出すといいですよ、3D3Eも同じです。。。

ほんとだ~。。。と思うこと多々(笑)の60分でした。

この先生のレッスンは水曜日もう一杯でと断られたのですが
なんでも曜日を増やすかどうかの検討中だとか。
そういう話を聞きつけ、ぐいぐいと自分でもねじ込んできました。
木曜だろうが水曜だろうがどっちでもいいんです。
家からも近いし、ぜひぜひお願いします!!
一応楽器もパールですし~(ヘッドは違うけど。>戻そうかなあ(笑)
01377801851beb34cf1dd3268464b43fbc4395f6bb.jpg

最後は連符の音の取り方バージョン。
高田馬場、と言われると確かに6連符は高田馬場にしか聞こえない(笑)
武蔵小金井…そのうち行ってみようかしら(笑)

週に二日三日、定期的に吹いてると奏法も安定しますなあ。
やっぱとにかく練習練習。
でももう今週は行きません。場所代もバカにならないしね^^;;

あとは…ピッコロだなあ。みてくれるかな~。聞いてこなかったけど。。
クラシック・アナログ時計
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。