スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づけばもう12月でないの

ってもう12月も半分以上おわって、あとは掃除して年賀状出して宴会行って・・・
やること山積み。

さて1年間のまとめをしなくちゃと思いつつ・・・。
ぼんやりと録音のリストを眺めてみる。
4月からの分しかないけど・・・レッスン自体は2月から行ってる。
確か基礎練メニューとか、エマニュエルバッハのソナタをちょこちょこやってた。

4月からは本格的に1曲づつ。
もちろん速さ的にも完全に仕上げるとこまではいかなかったけど
イメージやエッセンスはある程度確認して終了だったと思う。
ちなみに当初は月3回のレッスン日のうち1回はピッコロにしてたんだけど
いつしか笛のみに・・・ヴィヴァルディのピッコロ協奏曲、放置したままだ(笑)

4月から5月はムーケの2楽章と3楽章にゴダールの1楽章
5月から8月末までかけてゴダールの3楽章を終了
(ちなみに夏は先生は海外出張中だったので^^;;)
指回しが大変というか、なめらかにすべての音を均一に吹くのは難しかった。
もともと表記されてる速さで出来ると思ってないし(笑)
夏からはフレンチコンポーザーにシフト。
今まで眺めるだけだった、聞いたことはあったけど吹いたことなかった
いわゆるフルートのメジャー曲挑戦も、結構楽しい。
それっぽく吹くにはどうしたらいいかのキモがたくさんでした。
まずはコンチェルティーノ。ドラマチックだよねえ。
たしかこれはセシルシャミナードが恋人を思って作った曲らしい。
吹いてみてセシルは絶対肉食に違いないと思った次第(笑)

つぎにガンヌ アンダンテとスケルツォ
前に出たフルートの発表会で吹いてた方がいて、いつかやってみたいなあと。
あんまりメジャーではありません(笑)
この曲をやりながら、先生が自分に
「レッスンは上下ではありません。シェフ会議だと思ってください。
曲はお料理。材料だけ集めてならべても料理はできません。
切って味付けして、なにかしら工夫する。
その方向性を検討する会議です。
だから指間違っても別に気にしない。
イメージ先行のほうがいい結果が出ることが多いです」
なるほどそうかと、ウロコが落ちた瞬間でした。
だから検討会議ではなにかしら自分なりに料理したものを出さなくちゃ、
と日々思っております。

で、今、フォーレのファンタジー。
ファンタジーと名のつく曲は多々あれど、
これが一番なじみがあるような気がします。
パリ音楽院の卒業試験の曲。
中高校生のコンクールの曲で聞いたりしますよね。
それっぽく、しかし大人の演奏にするためには・・・的なとこまで
頑張って行きたいと思います。

とりあえず2014年は5曲。
その他にいろいろ基礎練メニューも増えましてん(笑)
1,5時間の練習時間で、45分基礎練しとります。
(それでも全種類は出来ない)
ま、地道にやっていけばいい結果がいつかは出てくれるでしょう。

2015年目標は何にしようかなあ。
目の前のことを地味に、しかも楽しくこなしていこう、かな。

久しぶりにバロック吹きたくなった。寒いしモツ煮込み好きだし。
フォーレの次はもーつアルト様にしようかな。
という2014年のまとめでした。。
スポンサーサイト

ずいぶん放置しておりました

10460653_1556730887872408_6553075043375571397_o.jpg

先日札幌まで強行で帰り、所属してたバンドの定期演奏会に出てきました。

思い起こせば一年ほど前、10月にやった去年の定演にでてから、
あわただしく引っ越しの準備をして東京にやってきた来たのでした。

一年て早い。

それでもフルートのレッスンは続けていて、多少上達したような気にはなってましたが
やっぱそうでもないなあ(笑)
ひとりで好き勝手吹くのと、まわりに合わせるのは違う。
でもひさびさにまわりの音に埋もれる感覚も楽しかったです。

こっちでもバンド入ろうかなあって思ったけど、
時間的にも無理だし。
とりあえずこのままレッスン続けて行きます。

今回は笛チームはワタシと音大生の1番フルートしかいなくって(笑)
舞台では結構ピッチあってるように聞こえてたけど
録音聞いたらそうでもない(笑)アドレナリン効果なのかな。


げげげっ

七月一回も更新してないの(爆)
いろいろあったんだけど。。。。忙しかったんだね、そーだそーだ。
そゆことにしよう。

久しぶりに北の大地に

地元で母校吹奏楽部の定期演奏会を聞きに帰ってました。
北海道は長雨の新記録が樹立されたようです(爆)が、とりあえず天候は回復し、
すがすがしい毎日でした、というか寒くて(笑)アレアレ?って感じでしたけど。

で、毎日毎日飲んでばっかりだと体に悪いため(爆)
所属してたバンドの練習に参加。
譜面ももらわず初見。久しぶりのバンドの合わせは緊張しました。
なんていうか、気持ちがついてかないっていうか。
社会人バンドの場合は、合奏練習は技術的なものもあるけど、
曲を作り上げていく過程を共有することで、気持ちを一つにしてくんだな~
と思いました。
トラ慣れしてる人は、いつでも自分をそのテンションにもってけるってこと・・。
あたしはだめですねえ。。。なんかイマイチのりきれませんでした^^;;
札幌においてある洋銀ちゃんもちょっとよそよそしくて
管体が鳴ってるって手ごたえがないので、息ばかり入って行くのです。。
そうだよね、たまにしか吹いてあげないもん。ゴメンナサイ。。

そうそう、
実家近くのスーパーで、ヴァイオリンとヴィオラのミニコンサートがありました。
珍しい組み合わせですね~。
札幌で活動中らしい若くてイケメンの二人です。デュオ名は…ないようです。
6/21
ステキないい演奏でしたよ~。
観客は地元のご高齢者がほとんどで、きっと選曲考えたんだろうなあ。
でも、なかなか盛り上がってましたし、音楽に対するひたむきな態度がGOOD^^)
最後の曲はクラシックから、何とかっていう作曲家の変奏曲。
もちろんだれも知ってる人いないと思うけど、よかったよ~。
奏者の二人をググってみたのですが、なんと二人とも音大出身ではないの。
(一人はなんと北大医学部で、もう一人は教育大学!アタマいいのね~)
そういうのも、音楽を楽しもう!!っていう態度に出てるのかもね。
アンコールは葉加瀬太郎の情熱大陸。
うん、良い曲だし大好きだけど・・・ウラをとるのが苦手なひとは
手拍子するのがちょっと厳しいかもね(笑)

5月になった

気づけば5月。
あんなに寒かったのに(笑)あっというまに桜が咲いて、春が過ぎて行った。
もう気分的には初夏です。あ、梅雨の前だから?
人生初の梅雨体験に戦々恐々なのでした。

ムーケのパンの笛2楽章。
亀のような歩みではありますが、徐々に進歩がみられています。
回らない指も(それなりに)ちょっとは聞けるようになってきたし
メロディーラインも、徐々にではありますが流れるようになってきました。
この、旋律が流れるっていうのが、キモですよね。
自分では歌ってるつもりでも、聞いてみるとなんか変という場合は
たぶんどこかが滞っているのです。
先生が吹いてるのを聞くと、明らかに流れが違うんです。
力の入れ具合、抜き具合。曲の出だし、ビブラート、フレーズのしまい方。
自然だ…
それはたぶん、自分が何をしないといけないかがわかっているということなんですよね。
前にも言われたんですけど、たとえば本番で、人前で上がったとしても、
きちんと自分のやるべきことに集中できれば、とんでもないことにはならない。
それにはやっぱり、明確な曲に対するイメージをもつことだったり、
自分の技術の程度を正しく把握することが必要なのではないでしょうか。

「ここのところで、ぐぐっと盛り上がって行きたいところですけど、
ここで盛り上がったように感じるのはお客さんだけどいいんです。
吹いてる方はそう感じさせるように冷静に進んでいかないと。」

だから、2楽章の冒頭鳥の鳴き声の早いフィンガリングも、
曲調にのっかって、ぐいぐい行きたい。でもぐいぐい行けるほど
自分には技術がないから、そのままいくと途中で破たんしちゃう。
でも、多少テンポが遅くても、盛り上がってるように感じさせればいいわけ。
それが、コントロールするってことなんじゃないかなあ、と最近思っています。

芸術って・・・・理系だ(笑)

どうしてそうなるのか、そうならないためにはどうしたらいいか。
ひとつひとつつぶしていく。
技術ももちろん、メンタルコントロールも重要。
冷静に自分の演奏を聞いて見つめて分析して判断する。
自己対峙、とでもいいましょうか。

先日も高校ブラスの知人と話してて、どこか楽団に入ったらって言われたんですけど
最近のこういう自分との会話に結構はまってて、今のところはいいかな~。
そのうちに、宇宙の声とかも聞こえるようになったりして~>ウソ
クラシック・アナログ時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。