スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃は、はっ!!

え~正しくは27年前ですね。数えました。

母校(高校)の先生の退官祝いの演奏会&懇親会が先日催されました。
と言っても、先生はもう10年も前に母校から北海道唯一の音大に移られ
このたびはその音大も退官で、どうやらご隠居?の身になるようです。
(ほんとうかな?)
あと、以前は副顧問で今もOB会などに顔を出してくれるS先生も定年だそうで
一緒の退官のお祝いでした。

それに合わせて20期周辺のOBでプレミアムバンドを組んだそうで。
私たちヒトケタからの年長組は入れてもらえなかったので(笑)
ただただ聞いていただけでした。
もう何十年も遠ざかっていると、曲もよくわかんないですね^^;;
それでも総勢70人くらいですか。
往年の白石サウンドってこんな感じ、って課題曲聞きながら思いました。
フルートだけでも10人ほどいましたが、
たぶん、音大卒クラスがごろごろいるみたいで。
70人の音の中にも埋もれず、きちんと聞こえてきたのにはちょっと感動。
そうそう、この、上澄みというか縁取りのような、
フォルテの中にもフルートの音が立っている。
この感じって、最近あんまり聞くことができなかったように思います。
吹奏楽の中では力では絶対負けます>笛
特に数が多くなるとピッチが合わなかったりで、よけい埋もれてしまう。
でも、こういう風に聞こえてくると、
音色や響きに彩がでて、豊かないいサウンドになるように思うので
たとえラッパの倍音と言われようと、ちゃんと仕事してるんですね。

せっかく行ったんだから全体聞けよって話ですけど(笑)

ホールで90分間、休憩なしで曲を聞くって結構疲れますが
そのあと、大ホールから小ホールに移動して、
ちょっとしたご歓談の後、また数曲の演奏。
今度はポップス、踊り、歌ありのいわゆる2部形式?
(AKBは1部でも踊ってたけど)
う~ん、こういうのって、よっぽど出し物の精度を上げないと
やってる人の自己満足っぽくなっちゃいませんか。
楽しそうだし、いいんだけど、あえていうなら、って感じです。
いわゆる芸能人たちが、いかにステージ演出に真剣勝負をしているか、
たまにドキュメンタリーなんかで見ますけど、
あのくらいやらないと、見てる人を十分満足させられるものはできないのかもね。

会のラストは2人の恩師に向けメッセージ。

最後に、
「こういう機会が持てて、またみんなで一緒に吹くことができてよかったです」
とMCは泣いておりました。
そうだよね。
顧問の先生は違えど、
青春を燃やし尽くした高校時代は
たしかにあそこにあったんだよね。
思いはだれもが同じなんだなって思いました。
「もしできるなら、その舞台に恩師といたのは私たちでありたかった」
という思いがなくもないけど(笑)
実際に行動を起こし、何か月も努力してきたのは彼らだから
その努力にはおしみなく拍手を贈りましょう。

まあいろいろすったもんだがあったりして
多少複雑な感情を抱きつつ、参加した演奏会でしたが
じんわりとした思いで終わることが出来ました。

きっと事情を知らない方はなんのことだかわからないですね^^;
スミマセン。。

話はそれますが、最近驚いた小ネタがあります!

→続きを読む

スポンサーサイト

原因は・・・

最近なんだかいまひとつ調子が上がらないので、
今日はきっちり2時間練習しようと、豪雨のなかシマムラのスタジオへ。
久々に腹筋スタッカートをやってみる。
腹筋がつる。これか~、これをサボってたから音がヘボかったのか・・・。
納得。でも腹筋は一日にしてならず。
毎日は無理だから、最低週イチくらいで続けたい。
ケーラー10番は相変わらず。
気持ちで行けば指がもつれる。テンポを落とすと息が続かない。
四面楚歌か、自分・・・。
それにしてもこの指のもつれはなんだろう・・・。よもや、もう高速、いや脳梗塞?

先日のバンド練習のとき、音高生ちゃんが、
「来月コンクールに出るんです!」とうれしそうに言っていた。
アンデルセンのエチュード2曲。
これです、今度見てください!って・・・私がかい?(笑)そりゃ~無理だよ。
でも譜面渡されました。うあー。
譜面ヅラはまっ黒くないけど、君の書き込みで真っ黒だよ(笑)
まあわたしも昔はずいぶん譜面に書き込みをしたものですが
最近じゃ、ほっとんど書きません。
なにせ、昔と違って目も反応も悪くなっているので、
音符のほかによけいなことを書くと譜面が読めなくなります。
アルテも、調性の難しいのにフリガナふったりしてたんですけど
結局読みづらくてみんな消した。


まあ、人の前で演奏することに慣れておいたほうがいいから、
私だけじゃなくて、今度バンドメンバーの前で発表しようね。
で、オジサンオバサンの暖かい拍手でテンション上げて、
本番にのぞむんだ!

そして・・・蛇足だけど、書き込みはもうちょっと漢字を使おうね。

音楽漬けの一日でした

午前中の強化練習から始まり、師匠のリサイタル、
母校の定演とめまぐるしい一日でした。
でも、強化練習はそれなりに(笑)
師匠のリサイタル、母校の定演のメイン、寺久保エレナと、
とおってもいいものを聞かせてもらって、ほんと満足な一日です。
ゆっくり思い起こして書きたいと思いますが、寺久保エレナはすごい。
本当に、
あふれる若さ、あふれる音楽性、あふれる才能

をしみじみ感じました。
先日テレビにも出演しましたので、ご存知の方もいるかもしれませんが、
彼女は今後、どんどん大きくなります。間違いないです。
ぜひ、お名前だけでも心の隅にとめておいてください。

かえすがえす残念だったのは、持ち金がなくてCD買えなかったこと。
たった3000円に泣きました。サイン欲しかったなあ~(笑)

しあわせなじかん

ルー大柴風に言うと、「はぴいなたいむ」でしょうか?

今日は、ピッコロのレッスンを受けてきました。
以前よりどうも上手くふけないピッコロに落ち込み、
「売ってしまおうかなあ」とバンドのエボニー先生にこぼしたら
「そんなのダメ!!ゼッタイ後悔しますよ!!」と言われ、
レッスンの先生を紹介していただくことに。
イロイロ紆余曲折の末、紹介されたのはなんと・・・札響プレイヤーのT先生でした。
(名前を伏せてもわかってしまうか^^;)
あのう。いつもキタラのステージで見上げてるお方ですけど、
わたしみたいなオバサンがのこのこ行っていいものなのかしら?と悩みましたが
そこは、こんなチャンスないし~とアグレッシブポジティブになることに。

初めてお会いする先生はやはり大きい(笑)。
なんと緊張のあまり、せっかく持っていったDR-1を使うのを忘れました(爆)
途中で気がついたんですけど、とりあえずココロに刻もうと。
ワタクシ、やはり初対面がダメですね^^;譜読みも練習もしたのにボロボロ(涙)

まずはチェックから。エチュードを使ってタンギングを。
中音EからGあたりはもっとも音が割れやすい。
口の中の面積や舌の突き方を工夫して、
跳躍のある中でも全部の音を割らないで吹けるように。
とりあえず、全体的に及第点をいただけました(ホッ)

ソノリテを使って、音色と音程のチェック。
「はい、最初からフォルテ。もう、思いっきりフォルテで」
「そこ、音が衰退しないように」
・・・って、フルートと同じことを言われています(爆)
これは個人的な癖以外のなにものでもありません・・・反省。
音程に関しては、楽器楽器の癖があるので、それを覚えてしまうこと。
スケールの上りより下りになると音程が下がるのはお腹のささえが弱るから。

全体にもう少し息を入れた方がいいでしょうとのことでした。
「芯のある音」で、全体の音色、音の粒をそろえる。
「自分で聞くより大きな音は出てないのでしょう。
吹奏楽のなかで高音が抜けてこないのは、
やはり音量の問題がおおきいのでは?」とのこと。
練習場所は狭いから聞こえても、ホールに行くと聞こえないのはそのためか・・・。
「客席に音が届かないと意味がありません。結構息を入れてる音がするでしょ?」


練習方法についても、ケーラーのエチュードやアルテスの中から
「これなんていいですよ」といくつか紹介してもらったうえ、
模範演奏まで聞かせてくれました。すごい・・・素晴らしい・・・。
これ、ピッコロでやったことないけど出来るかなあ~とかいいながら
アルテス2巻巻末のドンジョンをアッサリとやってのけ、
「あ、出来た。出来ますよコレ、聞いたでしょ、証人ですよ(笑)」
と太鼓判押されました。
いつかは・・・できるようになります。きっと。たぶん。いや、ガンバリマス!

何より、目の前で一流プレイヤーの演奏を聞けたのが一番の収穫です。
今回アンブシュアがどうとか一切言われませんでした。
先生の音を聞いて、それをまねて音を出す。
すごく単純なことですが、私にとっては目の前に「なりたい音」が提示されるので
イメージがつきやすく、自分の音が変わるのを実感できました。
言葉や理論で説明されるより、「コレ!」って見せてくれるのが効果的だな、
って感じたひとときでした。

「また、なにかあったらいつでも来てください。
こんなエチュード出来るようになったよ~でもいいですから」
はい、がんばって練習して上手くなったらまたみて下さい。
季節ごとのレッスンを目標にしてみます。今春だから次は夏(笑)

レッスンを受けて気がついたのですが、
今回は多少漠然と「奏法を見て欲しい」だったのですが、
あらかじめ問題点を自分で具体的にしていかないと、
たった1時間のレッスンでは時間がもったいないと思います。
エチュードもちゃんと譜読みして吹き込んで、表現もちゃんとして、
つまり一般の曲としてみてもらうくらいの気構えでいかないと、
時間を割いていただく先生にも申し訳ないと思いました。

はっ・・・いつも笛先生に言われてた。
「エチュードは曲のつもりでやらないと意味がありません」
はい、その通りでした・・・。

「人の前で1人で(エチュードでも曲でも)自分の表現が出来るようになる」
というのが自分にとっての最終ゴールかな、と最近思うようになりました。
横で先生が吹いてくれたり助言をくれたりすれば出来る、
でも、イザどうぞ、って言われると緊張して萎縮して半分も出来ない。
(技術的に、というより自分の思うように、という意味で)
それって、ちょっとくやしい気がする。

たった1時間でしたが、かなり気持ちが上がりました。
これからもフルートともども、ピッコロもガンバロウ!


おっと、その前にあさっての本番だった。
クラシック・アナログ時計
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

シラスマ

Author:シラスマ
シラスマです。主婦兼ナース(パートだけど)です。ガーデニング、ワイン、お料理・・・楽しいことがダイスキです!
ここは再開した笛の練習日記。学生時代を思い出しながら笛を吹いています。相棒は、パールAg925マエスタ ドゥローンオフセットリングH管。頭部管はFMCのAg970です。2008年5月にはじめて手にしました。ピッコロはヤマハ81のマスターズチューンナップバージョン。ピッコロは難しいですね^^;; 2010年夏、バンドの野外イベント向けにサンキョウFTの頭部管を購入しました。20数年前に使っていた初めての洋銀フルートにさして使っています。こう見ると、いろいろ楽器使ってる~。しかもどれもバラバラです。節操ナシ^^;;

元ブログはコチラおひとり様の日々・・・その後です。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。